いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]週刊ダイヤモンド2020年12月5日号の佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー 知を磨く読書第372回 に『哲学するタネ 高校倫理が教える70章【西洋思想編①】』が取り上げられました。
f:id:markrock:20210318094556j:image

[NEW!!]「読者たちの夜会」(2021/1/14 LOFT9渋谷) 2020ベストビブリオバトル にて、哲学芸人マザーテラサワさんが『哲学するタネ―高校倫理が教える70章【西洋思想編1・2】』を取り上げてくれました。
f:id:markrock:20210318093652j:image

[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
f:id:markrock:20210704101636j:image

[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image

honto西洋哲学 1位・2位に2冊同時にランクインしました(2020/10/25付)

【書評掲載】
週刊ダイヤモンド2020年12月5日号 佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー「知を磨く読書 第372回」

2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20210704102831j:image

ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
f:id:markrock:20210704102254j:image
「halfway to a hosono house?」 ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ 「x-bijin」、ほぼ宅録による初のアルバムは、甘美なペダルスティールにのせてダニ エルが滑らかなボーカルで歌いこなす桃源郷ポップス。遠藤賢司に捧げた「グレープ フルーツ」からして初期松本隆を思わせる日本語の美しさが際立つのはなぜだろう? はっぴいえんどとポール(・マッカートニー)が産み落としたタネは、ジム(・オルーク )と出会ったペンシルヴァニアで果実となり、多摩産シティ・ポップのフレッシュジュ ースに姿を変えて、甘酸っぱい喉ごしと共に僕たちの前にある。(いしうらまさゆき)
詳細はココをクリック

11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20210704102608j:image

編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」

極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイドに掲載されました】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

年の瀬に…

markrock2015-12-31




えっ、もう年末なんですか、という位に年末感がない。そう感じるようになったのはここ10年くらいかな。子どもの頃にやっていた大掃除もしない。永遠の円環運動のような一年。年越しそばを作って、おせち料理を食べて、凧揚げして、年賀状書いて、みたいな儀式。おせち料理なんてのは私の母親も数年前に止めてしまったと聞いた。まあそもそも誰の犠牲のもとに作られていたのか、という。日本の伝統だとかいう人もいるけれど、重箱入りおせちになってくると、ちょっと意地悪に言えば戦後の都市の百貨店によって形成された消費文化のたかが一つだ。七五三もそうだけれど、その歴史はアメリカの歴史どころではなく浅い。それは何千年もの歴史を有する何とやらではモチロンなく、みんなでおせちを作りましょう、と前ならえであるべきライフスタイルを提示していた「戦後」という一時代−経済的成長がそれを可能にさせた−の営為なのだった。



さて、そんな「戦後」70年の今年、戦争はまだ終わっていなかった、からこその「戦後」にくさびが打たれた一年。憲法とか人文科学、とりわけ哲学や文化などという自分を形成してきた根本価値が揺らいだ一年。ある種の存立危機事態だったけれど、色んな人と対面で話す中で、むしろ何をなすべきかがよくわかったような気もする。時代はまた良い意味でも悪い意味でも繰り返し、今が悪いとするならばそれはまた良くなるということだ。



そんな中、いつもリスナーとしても作り手としても没頭し裏切られることがなかったのは音楽だった。



まず、昨年の3枚目の制作から、ラッパーのEARVINさんとお笑い芸人の雨宮シオリ犬さんの音楽活動のサポートを経て、4枚目のアルバム制作まで、プロデューサーの馬下義伸さんと密な音楽活動を行えた喜び。昨年近所の保育園のために二人で作った音頭やサンバに合わせ、無邪気な園児たちが歌い踊っているのを見て、これが音楽だったのか…と改めて気付いたり。そして4枚目のアルバムでは公私ともに長く三鷹・吉祥寺でお世話になった僧侶シンガー・ソングライターの松田亜世くんと2曲共演できたのが至福だった。出会ったのが二十歳そこそこで、その頃から役者のチビ玉さんに曲提供をしたり、バリバリ音楽をやっていた亜世くんと共演できるなんて、自分もよくここまで来られたな、なんて(笑)。そして今度はその自分が音楽を始めた時と同じくらいの歳の岡崎伽南くんとも共演できて。彼が15歳の時に初めて一緒にギターを弾いて、それからアコギをプレゼントしたなんてこともあったけれど、立派なギタリストになっていて感動した。さらに群像新人賞をとった尊敬する文芸評論家、永岡杜人先生には畏れ多い評論までライナーに寄せていただいた。自分でも気がつかなかったけれど「歌が単に娯楽や消費されるものとしてではなく、うたう人間そのものであったような時代の感覚を、彼は、からだの奥底に潜ませている」と…。やはり畏れ多いけれど…。雑誌の小山守さんや岡村詩野さんのレビューも70年代、URC、エレックというキーワードが出ていたけれど、これはもう隠しようがなかった。11月に出たニュー・アルバム『ノーツ』鈴木慶一さんの今年の10枚に選ばれたダニエル・クオンくんは忙しい中4枚連続でジャケットの素晴らしいアートワークを作ってもらい、こちらも感謝で一杯だ。タワー・レコードやディスクユニオンなど入荷していただいたショップ、ブログをリンクしていただいている芽瑠璃堂さん(トピックに取り上げていただきました)、そして何より聴いていただき感想まで寄せていただいた皆様、本当にありがとうございました。

芽瑠璃堂さんでリンクしていただいている本ブログ『愛すべき音楽よ』も細く長く続けてきたけれど、今年で80万を超える累計アクセスをいただいている。こんなマニアックなブログなのに…。そのブログで文章を発表するきっかけを与えてくれたSさんとの再会も今年後半の大きいニュースだった。学生時代、二人で通っていた加奈崎芳太郎さんがいた古井戸の3回限りの再結成。その事を書かせていただいた『極北ブログ』の文章も色々なところで反響があった。音楽を通じて時代と向き合いながら、また生きていく上での新たな仕事ができたような気がしている。



いまこれを書きながら立て続けに聴いていたのはジョン・ヴァレンティ(ジョン・リヴィグニ)がドラマー&ボーカルとして在籍していたモータウンの白人バンドPuzzle『Puzzle』とザッパのマザーズ『Over-Nite Sensation』、それにバブリーなストック・エイトキン・ウォーターマンのコンピ『The Hit Factory』。後者はLPが珍しいなと手に取ったものだけど、”Get Ready”や”Venus”の焼き直しやFerry Aid名義でポール・マッカートニー自身も参加した”Let It Be”とか、60年代サウンド(メロディ)の80年代的展開という側面があったのだと理解した。



それでは皆様、良いお年をお迎え下さい!