いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

The Cadillacs / The Crazy Cadillacs( Jubilee JGM 1089 / 1959 )

markrock2014-12-18



CDからアナログへ。いまじわじわブームだとかいうミクロな観点よりも、情報の価値がほぼゼロになったことが大きいと思われる。YouTubeで音源自体はいくらでもタダで聴ける。リッピングすれば済むプラスチックのカタマリには握手券でも付けない限り売れない時代になったということだ。そんなこんなで、アナログの魅力はブツの魅力ということになる。欧米ではダウンロードに対して近年では「フィジカル」と表記されているけれど。この物神崇拝には抗えない。さらに、ターンテーブルの前で腰を据えて聴くという行為にも、音楽の神聖性を高める何かがある。


ディスクユニオンみたいな大手中古レコードチェーンでも、一昔前はCDのレア盤買い取りに精を上げていたけれど、最近はもっぱらレコードという印象。特に英米のオリジナル盤、初期マトリクスが追求されている。単純に音が良い場合が多いからその不変の人気は当然だと思う。


てなわけで、私もCDからレコードへと推移している昨今。場所を取るCDのプラケースは買ったらまず捨てて、省スペース化を図っている。数えたことはないけれど5〜6千枚はあるだろうCDケースを思い切って潰したのだが、コレ、結構大変でした(2年かかりました)。どうでもいいやつは100均のビニールケース+CD用ビニールカバー(いわゆる外袋)を利用して。色々試行錯誤して辿りついたこの方法だと、1枚のCDケースの厚みで5枚くらいは収納できた。2枚組や3枚組もどんどん潰す。大切なCDは定評あるフラッシュディスクランチのCDソフトケースに入れて(http://cdsoftcase.com/contents/products/)。フラッシュのものは10年くらい前から使っているが、全く痛むことがない良品で、この分野では最高峰だ。



100均の両面にCDが入るビニールケース。ブックレットの端がはみ出さないタイプのものが良い。

ディスク、表・裏ジャケを投入。


ビニールカバー(外袋)にラベルを貼って、完成。無理すれば4〜6枚は入る。


そんなわけで…信じられないくらいぽっかりと空いたスペースをその後占拠したのがLPや45回転の類というわけ。CDで持っているものもLPでずいぶん買い換えました。ルールはなるべく日本盤を買わないこと(歌詞やブックレットのぶん厚みがあり、音もあまり良くないものが多い。60年代だと盤起こしとかもあるし。)、音の太いアメリカ盤・オリジナルを中心に買うこと。そして盤質には一切こだわらないこと。どうせ一生で三度も聴かないレコードも沢山あるわけだし…一期一会で。



そんな風なルールで今年は日本でも海外からも色々買った。休日の昼飯はお米と納豆だけにしてですね…盤質が悪ければレア盤でも2ドルとか、それくらいですから。円安はかなり痛かったけれど。



ということで、このクレイジー・キャディラックスも今年入手した嬉しいオリジナル盤。盤は悪いけど、音は良かった!アップテンポから必殺”Gloria”のようなバラードまで…個人的にはドゥ・ワップの理想型かな。山下達郎鈴木雅之がレコードセールで奪い合った盤、ていうエピソードが好きです。


ちなみにワーナーのマスターズ・ポップ・ベスト・コレクション1000のシリーズでも最近CD化されたけれど、そのライナーを読んでびっくり。このLPには他のグループの曲も混じっているんだとか。どれがそれかは詳細不明らしいけれど。シングル盤中心の時代にはありがちなインチキなエピソードだけど、ロックンロールなんぞベビーブーマー相手の音楽バブルだったわけですから、カネのためなら何でもありだったのでしょう。そして黒人アーティストですから、本作も、多くの曲がマネージャーのエッシャー・ナヴァロのクレジットになっていたり…搾取構造があったということか。しかしそんなことも本作の素晴らしさを減じさせることはない。ちなみにデジタルリマスタリングされた音も良かった!こんなCDだとやっぱり手が伸びてしまう。ちなみにその他には『The Paragons Meet The Jesters』や『The Dubs Meet The Shells』、あとは名コンピの『Rumble』を選んでみた。内容は最高。どれもかつての垂涎のレア盤、指をくわえて見ていた盤だから、嬉しかった。