いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

AC/DC / Rock Or Bust ( Sony / 2014 )

markrock2014-12-23


ロックするか、ぶっつぶれるか!(『Rock Or Bust』)また最高のタイトルで奴らがやって参りました。解説はセーソクさんこと伊藤政則氏。こーいうものは日本盤を入手。初回限定のホログラム・ジャケというやつが面白い。バンド・ロゴが粉砕されるという演出付きで。しかも、計算済みであろうジャスト35分00秒の11曲。セーソクさんも流石慧眼と思ったけれど、指摘してました。アナログ時代を念頭に置いた作品であるということ。確かに最近のアルバムは冗長で長すぎる。聴き続けて、物足りないなと思うくらいの長さが、また聴こう、に繋がるのかもしれない。そう言う意味では長くて3分41秒、短くて2分42秒、というこのアルバムの楽曲は実に潔い。レーベルも黒字に金文字の旧い12インチ風で。

ハード・ロック / メタルやプログレの世界って、女人禁制の会員制クラブみたいな所があって、どうもそういう雰囲気は好きになれないけれど、近年のAC/DCは普通のロック・ファンにもっと聴かれて良いのになと思ったりする。ストーンズとほとんど同じ、ノリを楽しむ良い意味の金太郎飴ロック。最近このノリがなぜか涙腺を刺激する。私自身、真に開眼したのは恥ずかしながら2008年の前作『Black Ice(悪魔の氷)』だったわけで。それまではモンスター・アルバム『Back In Black』は当然聴いてるけど、程度の。それが、前作『Black Ice(悪魔の氷)』の冒頭”Rock N Roll Train(暴走列車)”を聴いたとき、アタマに雷が落ちたくらいの衝撃がありまして。再ブームを巻き起こしたのも判るポップさ。それから狂ったようにアルバム遡って全部聴きました。大好きなイージービーツのヴァンダ・ヤングかいな、っていう、そしてジョン・ポール・ヤングもだったんかいな、という初歩的な気付きもありました。そして2011年リリースのDVD『Live At River Plate』を観て…これ、贔屓目抜きで今までみた音楽DVDの中で一番凄かった。だって、渦のような南米の熱狂的な群衆で会場が「揺れて」るんですよ。物理的に。それがちゃんとわかる。シンプルな、時に技巧的なアンガス・ヤングのギターリフだけで音が立ち上がって観客もろともロックする。ロック音楽の神髄はここにあるんだな、という。何故だか涙が止まらなくなって。ストーンズなんかの生演奏でもそのフィーリングが伝わるんだけれど、なかなかこんなバンドはありそうで、ない。日本のロックバンドも色々生で観たけれど、こういう感覚を味わったことはまだない。もったりしたノリなんだけど、腰が動く、という。でも、ファシズムみたいな一律的なヘッドバンキングや手を振りかざしての一斉動作にはならない、という。


今作は前作ほどのキラーがあるか、と言えばそこまでのものはないけれど、伝統芸能か、と言うくらいのお家芸全開で、米メジャーリーグポストシーズンのテーマに選ばれたという2曲目”Playball”に続く3曲目”Rock The Blues Away”でまたもや涙が止まらなくなってしまった。もはや涙腺制御不能、意味不明ですね。感情の趣くままに。前作に引き続くブレンダン・オブライエンのプロデュース・ワークも良い。ハード・ロック・ファンだけに聴かせない、危険な匂いに偏らない骨太なアメリカン・ロックの王道感を打ち出している。何よりブライアン・ジョンソンの歌いっぷりが好きなんだと思う。ボン・スコット時代より好き、なんて言ったら流石に筋金入りのファンに怒られるかな。でも、ガニ股で、もはやカッコイイとは言い難いオッサン67歳が声振り絞ってハイトーン出すわけですよ。胸が打ち震えない訳がない。来年でバンドはデビュー42年。ブライアンはジョーディーでデビューしたのが1972年ということですから来年で芸歴43年…。

9月にはまさかの認知症…によるマルコム・ヤングの離脱もありました。内ジャケにはアンガスのギターと寄り添うマルコムのギターが…切なすぎる。ただかつてマルコムの代役を務めた一族スティーヴィー・ヤングが再び代役に収まった。と思ったら今度は11月にドラマーのフィル・ラッドが殺人に関与して逮捕、なんてニュースもあって。ニュー・アルバムの気の利いたプロモーションかと勘違いしたけれど、実際プロモーションはフィル抜きで行われて、シャレになっていない出来事だと理解した次第。人生山あり谷ありか…ロックするか?それともぶっつぶれるか?