いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 久々のレコ巡礼②

markrock2012-01-14



年始はというとまずヤフオクでサイン入りの古井戸『酔醒』を。加奈崎芳太郎さんと仲井戸“チャボ”麗市さんが1977年2月5日に書いたサインが入っている。これについてはまたいつか後述しよう。あとヤフオクでは演歌の大御所作曲家、弦哲也が「弦てつや」名義でリリースしたこれまた大御所北島三郎の代表曲”与作”のオリジナル・シングルを。300円だったけれどまだ届かない。


あとは年始も三鷹パレードへ、ということで挨拶がてら伺うと、近年は若手女性シンガー、シャリースなんかも手がけたプロデューサーのデヴィッド・フォスターが70年代初頭に結成し、”Wildflower”の一発ヒットを当てたグループ、スカイラークでバック・ヴォーカルを務めていた黒人シンガー、カール・グレイブス1975年のソロ作『Carl Graves』を発見。時代を考えると早すぎたAOR作品でむちゃゴキゲンな仕上がり。あとはそんな気分だからCDで持っていなかったラムゼイ・ルイスの超が付く名盤『SUN GODDESS』(1974)、クインシー・ジョーンズ『YOU’VE GOT IT BAD GIRL』(1973)という定番を。まあ気分としかいいようがない。あと珍しいところでは弾き語りのジャズ・シンガー、バディ・グレコの2in1『IT’S MY LIFE / MOVIN’ON』(1972、1973)を。これがまた最高の仕上がりで。60年代後半から70年代前半のボーカルものってのは、ほとんどがシンガー・ソングライター、ソフトロックのカバーでありまして。アンディ・ウィリアムスにしても、ジョニー・マシスにしても安い割にはハズレなし!!『IT’S MY LIFE』の方は特にキャロル・キングレオン・ラッセル、ジミー・ウェッブ、エルトン・ジョン、ブレッドのデヴィッド・ゲイツ曲を選曲。シブイ所ではボビー・ゴッシュ曲も。『MOVIN’ON』の方はトニー・ハッチの編曲がトータルで素晴らしい仕上がり。マーヴィン・ゲイの”What’s Goin’ On”のカバーも含めて素晴らしく、LPでも欲しいな、と思ってしまう。あとは2007年発売のサンタナのベスト盤、目当てはミシェル・ブランチのボーカル入りで大ヒットした”The Game Of Love”の、未発表ヴァージョン、なんとボーカルはティナ・ターナー!!ド迫力のボーカルで、聴き逃していたことを後悔する。流石の商人クライヴ・デイヴィスは仕上がりは悪くない大御所ティナよりも、オッサンと小娘という取り合わせを良しとしたのだろうな。

(つづく)