いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 久々のレコ巡礼①

markrock2012-01-09


年末年始、レコ・キチにとってはセールやら何やらで足やネットで動く所なんだろうけれど、今年は余り急くこともないかな、と。とはいえ、年末年始に増えたレコを見ていたら、それなりの数になっていて…昨年は人生でも最もレコード買った年だったかも。今年は抑えないとな…。


普段、買ったレコードを備忘録的に書きとめるなんてことは面倒だからやらないけれど、珍しくリストアップしてみよう。日々のレコ買いの一端ということで。


昨年末に行った故郷金沢の老舗、レコード・ジャングル(この店、ホントにレコードの密林(ジャングル)!)では100円市をやっていて、もんたよしのりのワーナー/エレクトラからのファースト『ホライゾン』(アレンジとドラムスは当時トランザムチト河内)、大滝詠一の未CD化曲を含む往年の(当時はモチロン時代の先端を行った)声優グループ、スラップスティック『Be Caution with Slapstick!』(1979)と『トロピカル』(1980)の2枚(後者には名曲”スピーチ・バルーン”の元ネタというか異詞同曲の”デッキ・チェア”が収録されている。どちらもリゾート気分なのは時代のせいか。)、あとはスパイダース井上順(当時”順之”)とエミのデュオ盤『ラブ 順之とエミの世界』(こういうのはCD化されにくい。三原綱木の「つなき&みどり」を思い出す、洋楽カバーと日本語オリジナルの折衷盤。ムッシュの”二十才の頃”という嬉しいカバーも。)、それに加山雄三荒木一郎と並べたくなる自作自演歌手、佐々木勉の『めぐる季節に…』、無名のシンガー・ソングライターいまなり あきよしのポリドールからリリースされたファースト『無風地帯』(「チヨミへ」という署名入りのサインがあったが…誰だろう?3枚のサイン色紙まで中に入っていて。。デビュー前のミステリ作家の島田荘司がシマダソウジ名義で作詞した”九条物語”収録。)、キャロル矢沢の詞提供やバッキング、そしてアン・ルイス”六本木心中”や吉川晃司”モニカ”の作曲で知られる相沢行夫・木原敏雄が在籍したビートルズ風ポップバンドNOBODYの『POP GEAR』とか。NOBODYのリリースはTDKレコードっていうレコード会社だけど、TDKのカセットなんてもう誰もシランだろうな…意外な所で持ってなかった山田パンダのバンド、パンダフル・ハウスの『Settle Down』だけは500円も出してしまった。あとは同じ石川県、小松市出身のめんたんぴん26年ぶりのアルバム『イロニアの音謡』ってのが新品1050円って素敵なプライス(コレ、MSIという会社が決めた定価ですよ)であったので入手。リーダーの佐々木忠平はちょい右寄り思想のブログを書いているのを見たことがある。


あとはライブ前の西荻窪では、店主はコワイけど名店のファンレコードでURCから出た社会派フォークを集めた2枚組『うた・復権 –はみだし歌番組-』を800円で入手!それと山下達郎が曲提供したこともある、日本には珍しいウィルソン・ピケット・タイプのソウル歌手、円道一成の『トワイライト・ランナー』上田正樹AORに売り出したソニーから出たモノで、曲が筒美京平というプロダクション。)、CD再発は買ったけれどまた手が伸びてしまったセッション・コーラスで有名な木戸やすひろの自演盤『KID』(”ジン・ジン・ジン”はやっぱり良い。)を100円LPで。あとはどうってことない、ソウル歌手ウォルター・ジャクソンのベスト、ジミー・ウェッブの”If These Walls Could Speak ”のカバーが入ったナンシー・グリフィス盤(タイトル失念!)、フォーク・ロック期のシェールの2in1『All I Really Want To Do / The Sonny Side Of Cher』、このブログにもレビューを書いたけれどジャズ・シンガートニー・ベネットの新作『DUETⅡ』あたりをCDで拾った。


最後は三鷹の名店パレードで今年来日するというボビー・ウォーマックのカントリー・ソウル盤その名も『B.W. Goes C&W』(1976)を入手して。殆ど語られることがないけれどこれが滅法良かった。


(つづく)