いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 大西ユカリ 

markrock2009-07-24

/ HOU ON (P-Vine PCD-18570 / 2009 )

ええ、昨日大西ユカリのライブに行って参りまして。結構アルバムやら聴いていたけれど、ライブは初めてで。吉祥寺のスターパインズ・カフェ。アルバム『HOU ON(報恩)』の発売に併せた報恩ツアーということで。クレイジーケンバンド的な客層かと思いつつ行ったが、年齢層は意外と高め。


まず、開演前に田代マサシ氏に遭遇。個人的にはシャネルズ、ラッツは全アルバム聴いてますんで、大興奮で握手させて頂き。何でも大西ユカリもシャネルズがルーツの一つってことで、ライブでは“ハリケーン”をカバーしたりしてる模様。今回は、元ダックテールズの山崎廣明(シャネルズのメンバーでもあった)が作曲した“本牧’66”を披露してくれた。ダックテールズは現クレイジーケンバンド横山剣リードボーカルだった。ちなみにその山崎廣明や宇崎竜堂と言ったツッパった面々も客席におられた模様。



それで、感想を申しますと、タダタダ凄かった!とにかく声量が半端ない。歌の巧さも際立っていて。“八月の濡れた砂”とかカバーものはオリジナルを凌駕する素晴らしさ。さらにバンドの音がイイ!ソウル、ブルーズ、ジャズ、歌謡曲が渾然一体となった関西ソウルの底力ですな。そのサウンドの核にあるのが、新作『HOU ON』のプロデューサーで、ツアーでもベースを弾いている森扇背であることは、一聴して明らか。見た目は芋洗坂係長としか思えないのだが、ベースを奏でる手に目が点になる。只者ではない。


ライブでは吉祥寺繋がり、ということもあるけれど、新作のレコーディングにも参加していた中川イサト高田渡のカバー“値上げ”でギター伴奏してくれると言う嬉しいサプライズも。なんでも故坂庭省悟の紹介だとか。花嫁の作曲やナターシャ・セブンでも著名な坂庭省吾もイサト氏同様高田渡のバックで演っていた。その坂庭が作った“マリンブルー”もユカリ&イサトで披露。コレは名演だったな…


マア兎にも角にも、数年前のブレイク時よりも生き生きしていたことだけは確か。元々テレビではなんだか居心地が悪そうだなと思っていたけれど。目と鼻の先で見られるハコで繰り広げる猥雑なライブでこそ威力を発揮するヒトと思われます。今までライブを見なかったことを激しく後悔!


そう考えると、ソロ名義の本作がP-Vineからのリリースと言うのも、収まるべきところに収まってきたと言うべきか。吾妻光良が作曲・プロデュースに加わった”新世界物語”なんてのもあって。“ここに幸あり”のカバーまで大満足の19曲!