いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

 Ringo Starr

markrock2012-02-11

/ RiNGO 2012 ( Hip-O / 2012 )


ホイットニー・ヒューストンの死。48才ということで驚いたが、薬物治療を受けていたとは知らなかった。最近名前を聞かないとは思っていたけれど。アメリカはマイケルに続き、偉大な黒人歌手を失ったことになる。母の歌手シシー・ヒューストンもまだ存命だというのに…


さて、今日は昨日のポールに続きリンゴ・スターの新作(ビートルズ正式加入50周年だそう)。アート・ワークもポールと揃える徹底ぶり(http://d.hatena.ne.jp/markrock/20120210)。タイトルからすると名作ソロアルバム『RINGO』の現代版かな、と期待してしまう。前作『Y NOT』から2年のブランクを置いて。これがなかなかゴキゲンなロックンロール・アルバムに仕上がっている。共作陣ではグレン・バラード、ヴァン・ダイク・パークス、ゲイリー・ニコルソンが名を連ね、ジョー・ウォルシュが参加、とほぼ今作と被っている『Y NOT』も悪くはない作だったのだが、イマイチ何度も聴くには至らない仕上がりだった。それがなぜか今作はリピートしたくなるキャッチーな出来。


その理由は今作で、バディ・ホリーの”Think It Over”(ビーチ・ボーイズっぽく聴こえる!)、ロニー・ドネガンの”Rock Island Line”というそれぞれロックンロール/スキッフルのオリジネイターの作品をカバーしている点かな。これでアルバムの色が決まった感じ。ほぼ伝統芸能に近くなっているけれど、ここまで軽やかにロックンロールできるのはやっぱり凄い。さらにアルバムのアタマと最後の1曲もビートルズを想起させるシンプルなロックンロールだし。アルバム全体で28分というのも潔いでしょう。


70年代のセルフカバーも2曲収録(ヴィニ・ポンシアと共作した”Wings”と自作の”Step Lightly”)。後者はドラムスはもちろんギターもリンゴ自身が弾いている。


リヴァプールもの、と呼びたくなるけれど”In Liverpool”はポップな仕上がり。同じくデイヴ・スチュワートと仕上げた2008年のアルバムタイトル曲”Liverpool 8”の続編といった感触を受ける。


プレイヤー参加はお馴染みの顔ぶれもあるけれど、先ほど触れた以外だとエドガー・ウィンター、ベンモント・テンチ、ドン・ウォズ、デイヴ・スチュワート、ケニー・ウェイン・シェパード、チャーリー・ヘイデン、まいケル・ブラッドフォード、ブルース・シュガー、スティーヴ・ダンダス、エイミー・キーズ、リチャード・ペイジといった豪華版。