いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Vol.8 Chaki P-2

*[楽器道] Vol.8 Chaki P-2


この一年で相当ギターを売りました。楽器道のシリーズで紹介したものも、そうでないものも。マーティンのオールマホのドレッドノート・ジュニア、ルナのガット、Angelのギブソン3/4モデルのフルアコグレコのオールマホのフルアコヤマハのミニガット、Avalonドレッドノート、弦高が高すぎたヤマハFG-180も…。ウクレレもフェイマスとコアラナが旅立っていきまして。楽器は今どうしても必要なものがあったりする。それでいて古い楽器もモノによっては、オークションで買ったとき以上の値段で飛ぶように売れていくという、需要と供給の幸福なバランス(笑)

f:id:markrock:20200306000733j:plain

一方で増えたものもありまして。こちらのチャキ(Chaki)のP-2もそのひとつ。チャキ(Chaki)といえば憂歌団内田勘太郎さんがボーカルの木村さんから物々交換で買ったというあのフルアコの名器P-1が知られているところ。ただ、名器とはいうけれど、型はギブソンをモデルとしつつも、安上がりな合板ベニヤ系のギター。その決して上品とは言い難い独特のジャキジャキした音色と見た目がハッキリ言って魅力でありまして。ただ、60年代後半から、2000年代まで実は生産されているので、コンディションは色々。私が狙いを定めていたのは1970年前後のゼロフレットのモデル。ネットオークションをほぼ毎日チェックし続けて、手ごろなヘッドロゴ無しの1970年製P-2をとうとう発見。P-2はP-1にピックアップを載せたモデルだから、純粋なフルアコでない分、人気は少し落ちる。でも、ピックガードを外せば良い感じになると確信して落札!なぜか市場価格の半額ぐらいだった。シリアルはNo.000185(ちなみにチャキは結構いい加減でシリアルや製造年が書いていないものもある)。送られてきてみると、元の持ち主がリフレットやナット交換もしていて、コンディションは悪くなく、ネックの反りもない。しかも細目で握りやすい。ピックガードは早々に外してしまう。

f:id:markrock:20200306000924j:plain

 

f:id:markrock:20200306000840j:plain

おそらく当初は、「P-1にピックアップを載せて」と個人オーダーしたものだと思う(ヘッドのChakiロゴが無いのもそういう理由か?)。ピックアップは当時のヘフナーと同種。アンプを通すつもりはなかったので、エリクサーのフォスファー・ブロンズのアコギ弦を張って、基本アコースティックで使うことにした。50年前のギターだけれど、プレイヤーズ・コンディションとしてはバッチリ。ハイポジションのソロも弾きやすい…これは儲けものだと思っていたのだけれど、2週間ほど前。なぜかビビり症状が。おかしいなと思ってヘッドを見ると、ペグのネジ付近の張力がかかる部分、板が縦に真っ二つ、ヒビ入ってまして…いや~やられたなと思いました。オークションでもかつてほとんどこんなトラブルはないのだけれど、50年前のギターならこれも仕方ない。よくよく購入時の画像をチェックすると、確かに縦に割れ修理跡が入っていた。だからやけに安かったんかい!っていう。気付けよ自分、っていう。

f:id:markrock:20200306001051j:plain

ただ、ネック裏を見ると、ネックの中央にも線が入っていた。つまり、もしかすると、そもそもネックを1本の木で作っていなかったということかも。ネックは2本の木を張り合わせ、ヘッドは出っ張っている部分にさらに2本の木を張り合わせて作った、と。今回割れが入ったのはソコですね。安普請もいいとこなんですが。

f:id:markrock:20200306001122j:plain

てなわけで早速、ギター工房では誰もが使っているというタイトボンドを購入!あと、2つで1000円もしない激安クランプを入手して、100均の注射針を使ってヒビのスキマにタイトボンドを充填。張り合わせてクランプで締め付けて約1日。完全に接着されました!タイトボンドは本当に最強。一つのカタマリになりました。治ったからこんなに冷静に書けるんですが、まじ焦ったというのが正直なところ。妙な愛着が生まれたので、いつかレコーディングなんぞで使ってみたいと思う。

f:id:markrock:20200306001138j:plain