いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

カセット・デッキ

markrock2017-12-26



引越しでちょっとショックだったのは、愛用のONKYOのカセット・デッキが壊れてしまったこと。20年ぐらいですかね、結構長らく使っていたものだから。開けてみたところ、引越しで10年ぶりに動かした衝撃で、中の磨耗していたプラスチック部品が割れてしまったみたい。さらに、寿命15〜20年と言われているゴムのベルトも切れた模様。カセット・デッキが中古屋で十中八九ジャンク品扱いされているのは、割と早くダメになる消耗部品があること。ゴムのベルトはレコード・プレイヤーみたいにアマゾンで買えるんだけれど、レコード・プレイヤーほど修理が簡単とは思えない。


再生機が壊れると、こういったアナログ・メディアは絶望的ですよね。HMVレコードショップにもカセット・コーナーがあるし、中目黒には専門店ワルツ(http://waltz-store.co.jp/)が評判になったり、最近では新旧のカセットの新譜も出てますよね。でも、これだけカセット・ブーム再来だなんだと言っておきながら、現行の国産のまともなレベルのカセット・デッキは東京・多摩が誇る老舗TEACからしか出ていないという。しかしそれもCDプレイヤーとの一体型で、残念ながらドルビー再生もないという。デジタル変換もできるカセット・プレイヤーとかは安価で山ほどあるのだけれど、良音再生はまず期待できない。


そんなこんなで万事休す…と思ったんですが、やっぱりカセット愛好家はいるようで、ヤフオクとかに出品しているリペア業者の中で評価の高い方を選んで買ってみました。大体1万円弱くらい。ピンチローラー、ゴムベルトの付け替え、ヘッドの消磁、再生速度の調整あたりをしっかりやってくれている。送られてきたデッキを再生してみると…素晴らしい!!むちゃくちゃキラキラした高音!!ピアノの音なんか、凄いですね。ドルビー再生だってあるし。むしろ今までのデッキよりも良くなっていて、驚きました。今まで手に入れたカセット・メディアをとっかえひっかえ試聴しているけれど、これはこれでアナログの極みかも。CDとは全く違い、LPの音にも通ずるものがあるわけで。

確かにジャンク品のデッキを500円くらいで仕入れてきて、リペアして売ればいい商売になるのかな。でもね、こういう古いものを大切にする方がいてこそだと思いました。修理にはパーツも必要だし、技術も要ると思う。カセット・デッキとは別にラジカセの方も、デザインの良さがあるせいか、また別の方面からも注目されている。ただ、こちらはリペアされて5万くらいするものもザラにあるから、ちょっと高めかな。



個人的には小学生だった80年代、中高生だった90年代まではカセットが一番なじみのメディアだった。ラジオのエアチェックもしたし、おススメのテープを作って友達と交換し合うという遊びも。あと、アメリカやイギリスでは日本よりも長く2000年代までカセット文化が残っていたから(流石にもう消えたけれど)、近年まで定期的にアメリカのカセットのデッドストックをe-bayで取り寄せていた。99セントとか、むちゃくちゃ安かったこともあって。


80年代だとこんな感じかな。達郎ベストは90年代だけど。シンディ・ローパーマイケル・ジャクソンなんかが懐かしい。ナイアガラものとか、ウォークマンソニーのカセットがいちばんこの時代「らしい」。


アメリカとかイギリスで買ってきたやつなどなど。NOWっていうコンピのシリーズ、ありましたね。

今見るとちょっと珍しいなと思ったのはこの辺。マイケル・カタキスやジェリー・フラーはなぜかCD化されていない。そろそろ新譜が出るマイク・ラブの1981年盤『Looking Back With Love』もCD化されていない。よしだたくろうのジァンジァン音源『オン・ステージ第二集』も、本人の承諾なしで発売したゆえ、CD化は実現していない。

キャロリン・ヘスター、リヴ・テイラー、デヴィッド・クロスビー、モート・シューマン、そしてなんといってもマイケルの『スリラー』

そういえばサンプル盤も2000年ごろまではカセットだったことを思い出す。CDが高くて、中古屋に流れてくるサンプル・テープ(それでも安くはなかった)を必死に買い求めたものでした。

エアチェック・テープも出てきました。大滝詠一山下達郎関連は色々と発掘されました。そして元東京JAPのドラマー、DJ赤坂泰彦のミリオン・ナイツ最終回!いやこれは青春のラジオ番組でした。アメリカン・グラフティでお馴染みのウルフマン・ジャック・スタイルのDJで糸居五郎直系の人。これ聴いたら時が巻き戻るかも…