いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Glen Campbell / Christmas with Glen Campbell ( Delta Music / 1995 )

markrock2017-12-25


またしても久々の更新ですが。というのも、引越しをしておりまして、それどころではなかったという。引越し屋さんに頼まず、自力でやろうと思ったんですが、休みの日に少しずつ…と気が付けば1ヶ月かかってしまいました。特にタイヘンだったのが、レコ狂いの人ならわかると思いますが、レコの運搬。百何十箱のレコ、それ以外のCDの山、そして同じくらいある本…というどうしようもないブツの山ですよね。死ぬかと思いました。数日間は生まれて初めてレコードを見るのも嫌になってしまった位ですが、また今日はいつも通りレコをたんまり…という。まったく我ながらビョーキであるわけです。



複雑をきわめた(我流で複雑にしているんですが…)オーディオのセッティングだとか、インターネットに繋がるまで1週間とか、インフラが整うまでも落ち着かないものでしたが、やっとひとまず最低限は整いまして。そんなこんなで、これまた気が付けば、街はクリスマスではありませんか!

私は代わり映えもせず、一番お気に入りのグレン・キャンベルの1995年のクリスマス・アルバムを聴いている。アメリカン・ミュージックの美味しいところを全て集めたような音。基本はカントリー・アレンジなんだけれど、よく聴くと秀逸。今年8月に惜しくも亡くなってしまったグレン…そういえばアルツハイマーを公表してから、亡くなる数ヶ月前だったか、グレン・キャンベルの公式ツイッターから唐突にフォローされるという出来事があった。確かにしばしばブログで取り上げて、日本グレン・キャンベル応援団を自認してはいたけれど(笑)。亡くなったといえば、はしだのりひこさんの死も痛かった。中学生の時に初めて買ったCDアルバムはシューベルツの『未完成』でありまして。音蔵という東芝EMIの廉価版シリーズだったはず。まあ当時は小室サウンド全盛時代で、フォークを聴いている中学生は皆無でしたが。



改めて、広義のロック・ミュージックという文化じたいが団塊世代、いわば全共闘世代の文化だったということを実感してしまう。そのチルドレン前後の我々が受容したのを最後に、実質この文化はフェイドアウトしていくということだろう。でもね、恨み節みたいだけれど、その現役世代は競争があったにせよ活気があって、それなりに成功やうまみも分配されて、結構幸せだったと思う。そして、そのチルドレン世代には「俺たちの文化は凄かった」って言うばかりで、アイデンティティを与えてくれなかったんじゃないかな、とも最近思う。厳しい言い方だと「逃げ切り」って言いますか…おすそ分け位してくれてもよかったのにね。そうすれば、もっとその遺産が好意的に受け継がれたんじゃないかな。社会の色んな所にそんな影響を感じなくもない。もちろん音楽業界の状況も含めて、ね。来年はどんな年になるんだろう?いずれにせよ、皆様にメリー・クリスマス!!