いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Stills & Collins『Everybody Knows』 (Wildflower Records / 2017)

markrock2017-10-10


とうとう出ました。スティーヴン・スティルスとかつての恋人「青い眼のジュディ」ことジュディ・コリンズとの共演盤、Stills & Collinsの『Everybody Knows』https://www.stephenstillsjudycollins.com/)。驚くほど素晴らしい出来でした。初期スティルスを思わせるフォーキーでシックスティーズな音が詰まっている。近年は歳のせいか粗さも目立ったスティルスだけれど、グラミーへのノミネートなど円熟の極みを迎えているジュディの滑らかな美声とミックスされて、悪いわけが無い。



私はPledge Musicで購入。このPledge Music(https://www.pledgemusic.com/)、いわゆるクラウド・ファウンディングの手法で、発売前から購入希望者を募り、数が集まったら配送するというスタイル。アメリカやイギリスなんかではLPはともかくCDはほとんど売れませんから、サイン入やグッズ、ダウンロード・コードをバンドルする形でフィジカルなブツを売るんですね。Pledge Musicはここのところベテランだとマイケル・マクドナルド、マーク・コーン、ボブ・ディランクリス・クリストファーソン、チープ・トリック、日本のエックス・ジャパン、ルシンダ・ウィリアムス、シャナイア・トウェイン、ブラック・サバスヤードバーズ…なんかが参入。ヤードバーズなんかはステージでの共演権、ホーム・コンサート権なんかも売っている。15万以上しますが…

私は送料のこともあるのでLPはやめてサイン入CDにしたけれど(ちなみに通常版はアマゾンなどでも普通に買えます)、余りに完成度が高かったので、LPにすればよかったな、と激しく後悔。楽曲は新曲で構成されているわけではなく、二人にちなんだ旧曲やフォーク・クラシックで構成。別々のキャリアを歩んだ二人が急に共演しよう、と言いましてもムズカシイでしょうから、これがやりやすかったんだと思う。1曲目がトラベリング・ウィルベリーズの”Handle With Care”だったのが、何だかトム・ペティ・トリビュートのようで、タイムリーに聴こえてしまって。この1曲はミーハーにスティルスが演りたかったんだろうな。どうせならウィルベリーズに入れて欲しかった、くらい当時思ってたんじゃないかと。想像だけれど。

他にはCSN時代からの楽曲でマナサスでレコーディングされた”So Begins The Task”(スティルスとジュディの別れの歌…)、レナード・コーエンの”Everybody Knows”、ティム・ハーディンの”Reason To Believe“、スティルスがライブで取り上げていたボブ・ディランの”Girl From The North Country”、そしてスティルスが参加した1968年のジュディ・コリンズのアルバム(このアルバムのプロデューサー、故デビッド・アンダーレに本盤は捧げられている)のタイトル曲でもあったサンディ・デニーの”Who Knows Where The Time Goes”。そのコリンズの『Who Knows Where The Time Goes』にもレナード・コーエンやディランが取り上げられていたことからすると、共演第2弾、という位置づけなのかな。さらに、ジュディのオリジナル新曲”River Of Gold”も見事な出来だった。

そして、グッときたのはスティルスの未発表デモ集『Just Roll Tape: April 26th 1968』に入っていた”Judy”。なんだかバッファローとCSNの狭間の、あの時代のスティルスに戻ったようで。さらにはバッファロースプリングフィールド時代の”Questions”まで演っちゃうんだから。CSN&Yでは”Carry On”とメドレーで料理されていました。

ジャケの雰囲気は”Who Knows Where The Time Goes”に引きずられてかブリティッシュ・トラッド風でもあり。全曲視聴はコリンズのsoundcloudにて可能!スティルスが唄とエレキだけでアコギはなしだったのがちょっと残念だったけれど、近年の傾向を見る限り致し方なし。2人のツアーもあるようなので、観て見たいなぁ。なんとCSNのステージでは高音がキツイためオミットされている"Suite: Judy Blue Eyes(青い眼のジュディ)"も二人で演っているみたい。
https://soundcloud.com/judy-collins-music/sets/everybody-knows-stills-collins




https://www.farnorthnetwork.com/ishiura