いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]「読者たちの夜会」(2021/1/14 LOFT9渋谷) 2020ベストビブリオバトル にて、哲学芸人マザーテラサワさんが『哲学するタネ―高校倫理が教える70章【西洋思想編1・2】』を取り上げてくれました。
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
f:id:markrock:20201220114218j:image
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image

honto西洋哲学 1位・2位に2冊同時にランクインしました(2020/10/25付)
2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイドに掲載されました】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

The Honey Drippers / Volume One ( WEA /1984 )

markrock2016-10-29




しばらく更新が空きました。飽きました、だったのかもしれないけれど…レコードを探したり、音楽を聴くことに飽きたわけではなくて、そっちは相変わらずどころか加速する一方ですが…たぶん情報が飽和状態になってきている、というのがあるのかも。昔だったらチェックしている音楽雑誌とか、テレビ番組とか、時折更新されるミュージシャンの日記なりをそれなりに早くチェックして反芻していれば良かったわけだけれど…ツイッターフェイスブックのタイムラインに流れてくる情報の波と言ったら。もはや人間業では追い切れません。与えられた時間は限られてますから。しかも、その殆どは我々の空き時間を金にしようと目論む、釣り記事という名の広告の山ですから、見てるだけで疲れてくる。そしてそんな無機質な情報に刺激を感じなくなるんですよね。飽和状態=飽き…ってそれにしても漢字はうまく出来ています。



そんなことを考えてブログの記事を書いていると、じきに虚しくなって来てしまって。開設当初は、インターネットという善意の共同体や情報の希少性が生きていて、このレコード好きですよ〜とか、こんなの知ってますか〜とか、見知らぬ音楽ファンの中との交流があったりと、結構楽しかったんですが。最近は余りにも情報の無料化・匿名化が進んでしまっているのか、素通りばかりになってしまった。マニアックすぎる内容にも関わらず90万アクセスに達するという所ですが、なんだかその素通り感がコワイというか(読んでいただいている皆様には大変感謝致しておるのですが…)、別にそれを可視化する必要も一切ありませんが、この気分は伝わりますでしょうか。。フェイスブックなどで、そうした善意のコミュニケーションは生きているように思いますが、そうした24時間コミュニケーションすら、なんだか疲れてしまう。でも、そう、釣りというより「このレコード実はすごい思い入れがあって…」とか「この人好きなんですよ!」みたいな話には、グッと心が引き寄せられる。芽瑠璃堂マガジンに寄稿されている皆様のブログ(ぼくが長らくライナーや雑誌などで親しんできた方々もいらっしゃる!)にはそれこそ音楽愛が充ち満ちているから、ホッとする部分もあったり。

まあそんな愚痴っていても仕方ないので、脈絡なく本日の一枚を。最近入手したハニー・ドリッパーズ、1984年の唯一作。『Volume One』とあるけれど、結局この一枚という。ロバート・プラントソロ・プロジェクトという印象だけれど、ジャケでは伏せられているメンバーはジミー・ペイジジェフ・ベックナイル・ロジャースという豪華なもの。ぼくはサタデー・ナイト・ライブの映像で見たのが初めてで。50年代懐古ってな革ジャンのロバート・プラントが”Rockin’ At Midnight”を歌っていた。そして日本盤のCDを買ったのだけれど、こいつは帯がプラケースに糊付けされているタイプのやつだったはず。日本盤LPは12インチだけれど、今回入手したイギリス盤は10インチだった。手にしてみると、雰囲気は最高。LPと比べてみると、ちょっとサイズが小さいことがわかる。音はかなり良かった!

10インチは結構魅力的なものだ。ちびちび買っているけれど、やはりロック以前のジャズやカントリーが多いかな。パッと出してみたところだとダニー・ケイケニー・ドリュー、スリー・サンズ、ファロン・ヤング・ジーン・オートリー…イギリスという国はこの10インチに思い入れがあるのかな。70年代のRSOレコードの『PRIME CUTS』ってありますよね。これも擬古調で。エリック・クラプトンが歌う”Smile”が入っていることで有名。80年代のイギリス盤でチャック・ベリーの再発10インチというのもあった。

日本のペラ盤は60年代初めのプレスが主だ。これは北島三郎。SP盤とサイズが同じであることがわかる。SPは市丸のもの。SPは趣味で買った物だけれど、私の祖父ぐらいだとお座敷遊びとかがまだ生きていたからか、三味線や小唄のレコードも結構家にあった。