いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Nick Lowe

markrock2012-04-01

/ The Old Magic ( yep ROC RECORDS / 2011 )


4月ですね。毎年実はあまり好きな季節ではなくて。入学、はまだ良いにしても、就職だとか、新入社員への何たら、だとかいったようなものがテレビを賑わせるこの時期。学歴社会直通で社会の荒波と言う名の、人を蹴落として金儲けするってな営みに人生を捧げるそのスタートの時期だと思うと、胸が締め付けられるような苦痛に襲われるのでありまして。まあそんな人ばかりではないと思うけれど、満員電車のスーツの群れを見るとそんな人ばかりに思えてしまう。資本主義の営みに生き辛さを感じる人には心底耐え難い時期なんでありまして。


ま、愛する音楽だってれっきとした音楽産業の一部でありまして、売れるか売れないか、という浮き沈みに直結した芸能でありますから、そんなナイーブなことも言っていられないんですがね…。


さて、気を取り直して聴いているのはニック・ロウの2011年作品『The Old Magic』。最近の風貌の老いっぷりや、アコギ一本のステージ映像なんかを見ると、相当枯れに枯れていて、かつてのロックパイルでのポップでパワフルなパブ・ロック・サウンドなんてもう聴けないのかと思っていた。


うーん、確かに枯れてはいるんだけれど、ドリーミーなコード進行は健在で、パブ・ロックって音楽が、ロックンロールだけでなくカントリー、ソウルやポピュラーも範疇に含めた、音楽愛に満ちたオールディーズ・リヴァイヴァル・ムーヴメントだったと理解できる。むちゃくちゃ心地良い音。コステロやトム・T・ホールのカバーもあるけれど自作が秀逸。まず、冒頭の”Stoplight Roses”でしょう。思わず誰のカバーかな?なんて調べてしまったけれど、れっきとしたニックの作品。こんな曲書けた日にゃあ、私なら往生できるな。”Somebody Cares For Me”はオルガンの弾む音色だけで、”Half A Boy, And Half A Man”なんかを思い出す。”Restless Feeling”なんてムーディーなコーラスや60年代のソフトロック風ヴォーカル盤を思わせて。”恋する二人”からして世代的に被ってしまう大滝詠一も、もし音楽を続けていたらこんなヴォーカル盤を産み落としていたかも。ちなみに先週放送のエルヴィスをテーマにした大滝のラジオ『アメリカン・ポップス伝』、NHK-FMで連日流すにしては結構マニアックだったけれど、また再放送してほしいもの。かつての『日本ポップス伝』が若手のポピュラー音楽研究者にも衝撃を与えた番組だったことを思うと、エルヴィスの歴史に的を当てた作りはそこまでの衝撃はなかったかな、とも思うけれど、何度も聴くと意味があるはず、なのだ。このニックの作品も、何度も聴くと意味がある。