いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Fay’s

markrock2011-09-04

*[日本のフォーク・ロック] Fay’s
/ Retreat Music ( FORLIFE / 1981 )


最近LPを中心に買い残したものを手に入れまくっている。値下がりも著しいし。今日取り上げたのは、荒木和作が80年代初頭に結成したバンドのセカンド。荒木和作といえばトリオ/ショウボート・レーベルから1974年にリリースされた荒木和作/やまだあきらの再発CD『和作』が早すぎたパワーポップなんて惹句のもと、90年代のはっぴいえんど後追い世代に絶大な支持を集めたことで知られている。

私自身、70年代の半ばに90年代の若者とおんなじファッションと音を再現した二人組(実質荒木が主導していた音と思われる)がいたことに衝撃を受けた。80年代の大滝詠一を予期したかのようなソックリの歌声を70年代に出していたこともにわかに信じられなかった。


荒木和作はそれっきり音楽業界からは消えてしまったと思っていたので、たまたま漁っていた箱に先日コレを見つけたときは驚いた。AOR風にデザインされ、アーティストの実在性を排したバンド「フェイズ」名義で、クレジットを注意深く見なかったら気が付かなかった。メンバーは荒木和作、柳沢立生、藤巻俊夫の3人。コーラスがとてもキレイ。藤巻はマッシュルーム・レーベルでガロの制作に関わり、シングル"マミー・ブルー"を出した人物と同一と思われる。柳沢は現在レコード会社を立ち上げているようだ(http://www.angelrecords.jp/pg89.html)。


4曲の詩を森雪之丞が手がける。7曲は荒木和作の曲で、うち3曲はかつてデュオを組んでいたやまだあきら(山田明)の作詩となっている。その3曲は時代を反映してサーフ・ソングを書いている。”愛すれど恋すれど”はどうしようもなく歌謡曲なのでその筋には堪らんでしょう。、それ以外の曲はビックリするほど、『和作』の続編とも思える仕上がり!ポップス好きは必聴。コレは凄いですよ。


3曲は柳沢立生の詩曲で、”急行電車”は喫茶ロックの80年代的展開と見られる隠れ名曲!!ビーチボーイズの”Surfer Girl”を挿入した”オレンジ色の朝”も良かったし。愛奴山崎貴生を思わせる作風。


この勢いで1980年のファースト『I Don't Like Summer』も探そうかな。