いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Haruomi Hosono(細野晴臣)

markrock2011-06-04

/ HoSoNoVa ( Victor / 2011 )


もちろん発売日に入手しましたよ。ただ、諸メディアで余りに多くを語られすぎているだろうから、しばらく寝かせていた。ホソノ場ってな意味を持つこの作、単純解釈をしたリスナーによっては、そのタイトルからボサノヴァかと思って聴いたなんて言う勘違いもあったようだ。また、狭山のハイドパーク・フェス以降、歌う欲求が強まったという彼がワールド・シャイネスを率いたツアーにおいてホソノハウスおよびはっぴいえんどモノを解禁した…なんていうこれまでの経緯もあったものだから、今作を第2のホソノハウスだ!なんてそんな期待をして迎える機運もあった。前作『FLYING SAUCER 1947』がハリー・ホソノ&ザ・ワールド・シャイネス名義の作で、今作は細野晴臣名義のボーカル盤だったってこともあって。


でも、それもまた違うだろう。もちろん1曲目の”Ramona”の日本語カバーのニュアンスが、”ろっかばいまいべいびい”を思わせるモノであったとしても。別にいまさらジェイムス・テイラーを日本語で演ったような楽曲が収められているわけでもないのだ。


流石に古い楽曲をカバーすることを、才能の枯渇だなんて切り捨てる人はもうこのご時世いないだろう。やはり本作、ボブ・ディランと同様の心性を感じ取ってしまった。それはボブ・ディランの話題になったラジオ・プログラム、テーマ・タイム・レイディオ・アワーってやつ。毎回決められた楽曲のテーマに基づいた、古いブルーズやジャズ、リズム&ブルーズ、ロックンロール、カントリーを紹介した番組。もう著作権が切れている音源だから、番組で流れた楽曲のノン・オフィシャルの激安ボックスが各種出ているので、興味がある人は聴いてみてほしい。


ホソノは、日本人として、亜米利加文化の影響を受けまくってきたわけで、アメリカ人の心を持った日本人として、その自文化に感じとれるエキゾティシズムや東洋趣味をおもしろおかしく表現形態に変えてきた人。トロピカル三部作とかね。その頃取り上げたホンコン・ブルーズの作者、ホーギー・カーマイケルの”Lazy Bones”がヴァン・ダイク・パークスのピアノ演奏も加えて聴けるってのが素晴らしい。彼の音楽人生がつながり、おわり、はじまるという感覚。レスペクトしていた高田渡ともやっぱり共通する意識〜反骨するアメリカン・ミュージックの骨の一部となることにしか興味がない〜があるのだな。息子の高田漣も良い演奏を聴かせてくれるし、さきの"Lazy Bones"は高田渡が"ねこのねごと"と改作し、好んで歌っていた曲でもあった。


他にも、”Lonesome Road Movie”での鈴木茂のギターが唯一無二の好演だったり、トニカク聴き所多し。