いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 加山雄三 

markrock2010-12-31

/ 若大将50年! ( ドリーミュージック / 2010 )


昨日は毎年恒例の友人とのセッションを演ったりして。そのバンドも大学時代からだから、初めの自主盤を作ってからもう11年になる。今年は是非、今しかできない音楽を作ろう、なんて話にもなったので楽しみ。


さて、紅白歌合戦も観てみたんだけど、音楽業界の不振を知らしめる内容ですな。知らない曲が多すぎる。流行ったものがAKBくらいしか思いつかないのも苦しすぎるし、カバーものがやけに売れてるけど、その急先鋒のJUJUとかは出てないしね。しかし若手の地味さはなんなんだろう。コレ、失礼ながら世代に特有のモノだよね。優しくて、人当たりはいいんだけど、圧倒的に地味っていう。何を彼らは恐れているんだろう。そんなに人に嫌われたくないのかな。


司会も悪くはなかったけれど、ベテランの演歌勢もうまく使えてないし、番組としては完全に中庸だなという感触。スタジオから中継がつながっていた桑田佳祐はまだ顔色からしてカンペキとは言いがたい雰囲気だったけれど、ぜひ頑張ってほしいですな。


さて、今日も出ていたデビュー50周年の加山雄三の新譜を。ヤンチャーズ(森山良子、谷村新司南こうせつさだまさしTHE ALFEE)を従えてテレビ露出していたので、さだ作詞の”座・ロンリーハーツ親父バンド”は知られたところかもしれない。カントリーっぽい曲調が良かったですな。そうそう、エレキ前夜のカントリー・バンド、カントリー・クロップスの音源”My Shoes Keep Walking Back to You”がボーナス収録されていた。そのほか、ゲスト(THE ALFEEさだまさし、森山良子、南こうせつ谷村新司)を交えつつ、”夜空の星”、”君といつまでも”、”旅人よ”、”白い砂の少女”、”サライ”とベストともいえる選曲。”知床旅情”、”夜霧よ今夜もありがとう”、”愛燦燦”、”上を向いて歩こう”、そしてバックバンドを務める子分格といっても超ベテランのワイルドワンズの”想い出の渚”といったカバーも楽しめた。


若大将映画も何と言ってもオススメだ。以前、狂ったようにレンタルして見まくった記憶がある。


今年一年、本ブログをご覧頂きありがとうございました!良いお年をお迎え下さい!