いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

TOO MUCH

markrock2010-12-27

/ Same ( Black Rose Records / 1971 )


コレがCD化されていたとは知らなかった。ニューロック時代の隠れ名盤。なんだかんだメンバーの後の活動で目立ったモノがないからか、余り大きく取り上げられることもないけれど、フラワー・トラベリン・バンドなんかと完成度に差を感じない、構成美に特色のあるハード・ロック。英語詩だし、海外(ドイツ)でCD化されたというのも判る。水谷公生の盤だとか、フード・ブレインとか、ジャップロックサンプラーじゃないけれど、ファズ入りのインストとか、FTBみたいな英語詩のものは海外の評価がダントツで高い。でも、長編”Song For My Lady (Now I Found)”は別格として、プログレっていうほどにも感じられなかったなぁ。そんなに聴いてて疲れる音じゃない。


メンバーはリード・ボーカルがジュニ・ラッシュ(ジュニオ・ナカハラ)、ギターが小川勉、ドラムス&パーカッションが小林秀弥、ベースが青木正行という布陣。ジュニはジプシーブラッドのメンバーとしても知られる司英一が在籍していたヘルプフル・ソウルのメンバーだった。青木は外道のベーシストとして知られている所だろう。


先ほども書いた”Song For My Lady (Now I Found)”は富田勲がストリングス・アレンジを付けている。なにげなくディランの”I Shall Be Released”(I Shall Be Release)と表記されているが…)が入ってきて、このカバーといえばディラン2の日本語カバーが有名だけれど、こちらも実にソウルフルでビターな歌声に聴き惚れてしまった。


盤起こしとかじゃなくて、ちゃんとリマスターされたような音なのでご心配なく。LPは正直見たこと無いけど、高いんだろうな。


村八分の加藤義明のライブなんかで、メンバーの小川ツトムが共演してるみたい。うーむ、中央線界隈でやってるみたいだから、こいつは行ってみようかな。