いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Colin Blunstone

markrock2010-10-04

/ The Ghost Of You And Me ( Ennismore Records / 2009 )


コリン・ブランストーンロッド・アージェントのライブを見に行ったのはもういつ頃になるだろう。8年くらい前だったか。吉祥寺のスターパインズに来たのだった。ジム・ロッドフォードもね。


さて、一時期のコリン熱は冷めつつあるけれど、今ももっとも好きなタイプのヴォーカリストであることは間違いない。それでも、オデッセイ&オラクルの再現コンサートなんてのは、スマイル再現のブライアンみたいなノリで飛びつくこともせず、今日に至っていた。再編ゾンビーズ『As Far As I Can See』も買ったはずだけど、全然覚えていない。3枚のオリジナルアルバムを収めた『Original Album Classics』だけは今年1500円くらいだったので買ったりはしましたが。LPより手軽に聴けるし。


で、これまた買い損ねていた昨年リリースのニューアルバム。これ、かなり良いじゃないですか!最近色々出過ぎて不感症になっていたと気づかされる…情けない。エニスモア・レコードっていう名前も良いですね。


さて、前半は90年代の名作『Echo Bridge』を思わせるアダルト・コンテンポラリーな楽曲が並ぶ。個人的にはそっちもツボなので楽しめた。タイトル曲は元フィフス・アヴェニュー・バンドのジョン・リンドとヒットメイカーのリチャード・ペイジの作。”Follow”はビリー・スタインバーグとブライアン・アダムスの共作。マーティン・ペイジとバーニー・トーピンの共作”Dance With Life (The Brilliant Light)”はカナリ良い曲ながら、リズムマシーンなのかなんなのか、花火の音みたいなノイズが聞こえるのが惜しい。そしてそして、”Second Avenue”。コレはダリル・ホールとガリヴァーを結成していたティム・ムーア一世一代の名バラードで、アート・ガーファンクルがシングル・リリースしていたことで知られている。むちゃくちゃ良い曲。『Echo Bridge』でもアート・ガーファンクルの”Breakaway”(ギャラガー&ライル作)をカバーしていたけれど、吐息系の歌声に近しいものを感じたプロデューサーの判断だろうか。でも、これってコリン自身はどう受け止めて居るんだろう。アートの傀儡と思われるのもつまらないしね。


さて、ここから先の6曲は別のアルバムだと思って聴くのが良いのだが、『One Year』を再現するクリストファー・ガニングのアレンジ&指揮の弦アレンジの楽曲が並ぶ。これが実に趣味の良い音。『Journey』収録曲のセルフカバーである”Beginning / Keep The Curtains Closed Today”が聴けるとは思わなかった。全くそのミスティな歌声に衰えがないのが驚き!気品に溢れた”Any Other Way”や"Now I Know I'll Never Get Over You"がお気に入り。


ジャケがまた渋い。秋の肌寒さを感じられるようになってきた今からの季節にピッタリかな、と。