いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Brian Wilson

markrock2010-09-03

/ Reimagines Gershwin ( Disney / 2010 )


今日NHKを観ていたら、食道ガンから復帰した小澤征爾を追う、ってのがあって。妙に感動してしまった。そこに居るだけで感動する存在、なんてなかなかいない。御年75歳。その年で、まだまだ精力的にタクトを振ろうとしてるんだから、執念だよね。15キロも痩せてしまったけれど、その眼光の鋭さと、見る者を圧倒する動きはかつて以上と感じました。最後に、病気を経て「音楽は命とつながっていると気づかされた」ってなことを言っていて。音楽はあれば贅沢なものだ、などと言う人はいるけれど、そうではなくて、風呂場の鼻歌であっても、音楽は生きるために欠かせないものだ、っていう。病気を経て、しかも大舞台を経験した75歳の大音楽家が、そんなシンプルな感動を得たことに、心を動かされた。


さて、こちらもある種死線をさまよった大音楽家ブライアン・ウィルスン。かなり顔のシワは増えたけれど、音楽に対する情熱が全く衰えていないことに驚かされる。まさに怪物。


今回は亜米利加を代表する天才作曲家であるジョージ・ガーシュウィンのカバー集。自らもソングライティングのプロ中のプロであるブライアンながら、かねてよりガーシュウィン好きを公言しており、その楽曲と自身を一体化させたような仕上がりが印象的だ。


個人的にはクラシックのような、そのファンの一部が権力性を持つようになってしまった音楽にどうしても抵抗があるのだが、ユダヤ人作曲家ガーシュウィンに関しては、ポップスとクラシックの垣根を外した功績をとっても、黒人音楽を好んで聴き、”Summertime”をはじめその作品にエッセンスを取り入れた精神を以てしても、興味が尽きない。そう言えばポール・クレイシュという人が書いた本アメリカン・ラプソディ ガーシュインの生涯』はなかなか良い本だった。


さて、”Rhapsody in Blue”のイントロに導かれて歌われる”The Like in I Love You”を聴いて、いつものブライアン節だと思うのは当然で、それはガーシュインの未発表曲をブライアンの手で完成させたモノだから。事実上の共作ということになる。コレが又良い曲なんだが、こいつをトップに持ってきたのは、“ガーシュウィルスン”の成果を知らしめるモノともとれるし、旧来のポップなブライアンを期待するファンが、旧い作曲家に寄せる不安への牽制のようにも取れる。同じ作りの”Nothing But Love”もラストの”Rhapsody in Blue”のリプライズの手前に配置。これまた笑っちゃうくらいブライアン節。


でもでも実は本作の決め手は、”I Loves You Porgy”、”Summertime”、”They Can’t take That Away from Me”、”Love Is Here To Stay”、”I’ve Got A Crush On You”、”Someone to Watch Over Me”といったスタンダードの解釈にある。中には”I Loves You Porgy”のようにしっとりと素直に狂おしい気持ちを表現したテイクもあって。ブライアンの伸びやかな歌が良いんだな。なんだか数年前より良くなっているような気もする。”They Can’t take That Away from Me”はビーチ・ボーイズを思わせるブギ調で、ドラムスもデニスみたいにドタドタしていて面白い。”I’ve Got A Crush On You”は3連のBBバラードにアレンジ。


いやー、全く文句の付けようがないです。


先日紹介したアル・ジャーディンの新作やら、ブライアンとそっくりなジャケのワンダーミンツ(知っての通り、ブライアンのサポートをしているダリアン・サハナジャ在籍)の新作やら、カール・ウィルスンが割とロックに迫ったソロ2作目『Youngblood』のCD再発やら、合わせて仕掛けてきてますね。乗ってしまいますね。


まー、もっと言うと、ケイティ・ペリーのシングル”California Gurls”がかなりのロングヒットになってますね。ラッパーのスヌープ・ドッグをフィーチャーしているカリフォルニア賛歌。元ネタはもちろんBB。ハダカに近いネーちゃんってな感じのケイティ本人が出演するプロモは爽やかなお色気って感じで、世の男はダマされてしまいます。タチの悪い人が、歌詞やテーマがBBの"California Girls"に酷似していると音楽出版社相手か忘れましたが、訴訟沙汰にしようとしてるらしい…でも、本家BBのブライアンもマイク・ラブも、ケイティ・ペリーがお気に入りでノー・プロブレムみたいです。完全に鼻の下を伸ばしているのが目に見えて笑えます。