いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Paul Cotton

markrock2010-07-23

/ Firebird ( Futuredge Music / 2000 )


ジャケットからするとカントリー回帰か?と思わせるけれど、エイティーズな哀愁ロックが展開される”Woman with a Broken Heart”を聴いて、そうでもないな、と。


さて、ポール・コットンである。言わずとしれた名カントリー・ロックバンド、ポコの中心メンバーだ。古くはイリノイ・スピード・プレスなんていうグループで、シカゴを手がけたジェイムス・ウィリアム・ガルシオのプロデュースでエピックから2作リリースしたこともあった。


さて、イリノイ・スピード・プレスなんて言い出したのは、この盤に”Bad Weather”のリメイクが収録されているから。”Bad Weather”はイリノイ・スピード・プレスが初出で、ポコでもレコーディングされてヒットしている。ここではポコの仲間ラスティ・ヤングがドブロ・スティール・コーラスを務める。アクースティックで、とても良い!


ソロアルバムと言うことでいうと、AOR的な売り方をされた『Changes Horses』(1990)があった。そこではポコ時代の名曲”Heart of the Night”が再演されていた。そこでも感じたことだけれど、ポールのオリジナルには、カントリーというよりほんのりとしたソウルやラテンの風味があって、そこが彼の個性になっている。佳曲多し。