いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Johnny Mathis

markrock2009-11-25

/ I’m Coming Home ( Columbia / 1973 )


安い割に良いレコードってのはビニール・ジャンキーにとって何よりも嬉しい。てなことで言うと、ジョニー・マシスは間違いない。ボーカルやポピュラーのコーナーに300円くらいで捨て置かれていることが多いけど、良い意味での金太郎飴。


とは言え、とりわけ60年代後半から70年代半ばにかけては信じられない輝きを見せていて。フリー・ソウル界隈で”Feel Like Makin’ Love”の好カバーなんかが騒がれた時、ちゃんと見てる人は見てるんだなと思いました。でもそれ以後も市場価格は低いままだ。CDの方は数年前に出て、そちらも買ってしまったが、知らぬ間に廃盤になってしまったようなので、市場価格のほうは判らない。


さて、個人的にはグレン・キャンベル同様、低音とスムースなテナーのバランスが堪らなく魅力的。嫌いな盤は一枚もない。今日はトム・ベルが全面プロデュースしたフィリー盤を聴いている。アダルト・コンテンポラリー・チャートでNo.1を記録したタイトル曲”I’ m Coming Home”からして、穏やかな温かみが素晴らしい。割と落ち着いたアレンジが全体的に品の良さを醸し出す。グレン・キャンベルじゃないかと思うくらいポップ・カントリーみたいな音。元々黒人シンガーながら、白人シンガー同様の立ち位置で活躍していた人。シャウトしない品の良さで人種を超えたのだと思う。”I’m Coming Home”じゃないけれど、フィリー詣は居心地の良い所があったんではないかな。ソウルとの接近ということで言えば後にデニース・ウィリアムスと一緒に演る足がかりにもなったセッションだと思う。


哀しいバラード“Foolish”やスタイリスティックスの”Stop, Look, Listen (To Your Heart)”も心に残った。


スタイリスティックスのカバーといえば、2008年の新作『A Night To Remember』も宝物の一枚。”You Make Me Feel Brand New”をヨランダ・アダムスとデュエットしている。全然声が変わっていないんだ。コレには感動してしまった。アトランティック・スターの”Always”も演っていて。余り話題にならなかったけれど一聴の価値がある、普遍のマスターピース