いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 稲垣潤一 

markrock2009-11-20

/ 男と女 2 (Universal / 2009 )


今日たまたまテレビを見たので。森高なんて長い間お見かけしなかった。てなわけでこの盤をピックアップ。


稲垣潤一ほどの力量のあるシンガーだから、ここ長年パッとしなかったのはファンとして実に悲しい限りだったわけだけど、昨今の徳永にはじまるカバーブームの中で中西保志同様生き返ってきた。前作『男と女』(http://d.hatena.ne.jp/markrock/20081207)も素晴らしかったけれど、女性シンガーと組ませると言うアイデアで既に勝利している。聴く前から良いことが判るんだもの。これならユニヴァーサルから出せるな、という。


てなわけで、今作もまったくもって抜かりない。1枚目ほどのインパクトはないけれど。良かったのを挙げると、森高千里との”雨”、岡本真夜との”真夏の夜の夢”(そう言えばブレッド&バターも歌った"あの頃のまま"をはじめユーミンものをかつて稲垣は演っていた)、沢田知可子との”夢の途中”(小田和正の"ラブストーリーは突然に"を思わせるアレンジが絶妙)、小林明子との”けんかをやめて”、遊佐未森との”フレンズ”あたりかな。”世界中の誰よりきっと”みたいなメジャー・キー全開のメガヒットものはどうも頂けない。稲垣がAOR作品で培ってきた美意識と相容れないような気がして。ラストに代表曲"クリスマス・キャロルの頃には"を広瀬香美と演っているのは、バブリー世代には来るものがあるんじゃないかな。


ウェットな声質だとどんな曲でもロマンティックに聴こえて来てしまう。4畳半フォークですら違った聴こえ方をしてきそうなことは想像に難くないわけで、まだまだアプローチ方法は一杯ありそう。