いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 佐藤公彦(ケメ) 

markrock2009-07-07

/ ひとりからふたりへ (Kaze 004 / 2009 )


いやあ、マサカのケメの嬉しい新譜。32年振りですよ!もう出ないんじゃないかと正直思っていた。音楽活動についてのニュースも余り聴こえて来なかったし。ただただ嬉しい。


元ピピ&コット、ソロになってからはエレックの看板アイドル・フォーク歌手となったケメ。当時はアイドル的な容姿もあってか、なかなか音楽的に評価を得られなかったようだけど、個人的には“メリーゴーランド”“通りゃんせ”をはじめとした童謡を思わせるドリーミーな作風と儚げな歌声に魅了された一人。ライブテイクをシングルカットしてヒットした“バイオリンのおけいこ”もフォークの良さが滲み出た佳作だった。ちょっとレコード棚を確認してみたら、『VOL.1 午後のふれあい』『VOL.2 明日天気になあれ』『VOL.3 千羽鶴』『VOL.4 時が示すもの』『VOL.5 愛そして卒業』『片便り』『羊は山に 佐藤公彦ライブ』…全て生まれる前の作ながら、結構持っていたんだなぁと改めて。『遠乗りの果て』なんて、CDも含めてなぜか3枚もあった。エレックのCD復刻も進んだし、今こそ改めてケメ再評価の時かと。


この新作、プロデュースは元ピピ&コットの金谷あつし。彼は現在大森でライブハウス“風に吹かれて”を経営しており、本盤はそこでレコーディングされたもの。販売はライブハウス“風に吹かれて”の自主レーベル「KAZEレーベル」。


気になる中身はというと…全く時代の流れを感じさせない出来に感動させられる。全曲ケメの詩曲による充実作。おそらく声でしょう。声が変わっていない。このタイムスリップ・サウンドに涙するファンも多いのでは?


バラエティに富んだ内容。冒頭M-1”コインローファー”は帯に詩の一節が紹介されていたけれど、「風さん 蟻さん 綿雲さん」なんてケメらしい詩。音は後期に見られるようになったバンドサウンド。たゆたう音世界がなんとも心地よいM-3”Road Walkin’”、ポップな感性を味わえるM-6”ワイフのサイフは茜色” やM-7”エンジェル”も良かった。M-7はバンジョーとラップスティールが入ったカントリーテイストの作。


往年のフォーク・バラードM-2”ストーブリーグ”M-4”Friday Night”やM-8”表情”、M-10”ジャンプ”には流石にグッと来る。過ぎた時を想う感傷的なM-4”Friday Night”にはしみじみとした気分になった。M-11”ほくろ賛歌”は、ケメにしか書けないラブソング。とても穏やかで優しい気分になれる。知らないうちにラストの曲、M-12”照葉”に。この曲を聴いていたら、ケメの40年近い年月が全く昨日のことのように感じられてしまう。


「ひとりからふたりへ」。32年ぶりにケメに音楽の神様を降ろしてくれた原動力と思う。これぞ音楽の魔法!是非体験してほしい。