いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

J.J.Cale

markrock2009-05-19

/ Roll On ( Because WPCR-13375 / 2009 )


クラプトンとの共演作『The Road to Escondido』(http://d.hatena.ne.jp/markrock/20061111)が好評だったJ.J.Cale。単独のオリジナル作となると2004年の『To Tulsa and Back』以来の新作。こちらも多方面で好評なようで日本盤まで出ていたのには驚いた。クラプトンの力ってかオヤジロック需要の底力ですな。


ゲストのクラプトンばかりが強調されるけれど、今回彼の参加曲はロックンロールなタイトル曲M-11のギターのみ。切り込むような音数の多いギターが入るだけで、前作の色になるのは面白い。でも、それより今年で71歳になるJJの洒脱な味わいを楽しめるジャジーM-1”Who Knew”やJJ自身のピアノが味わい深いM-2”Former Me ”なんかに惹かれるものがある。マサカこんなに人生がヤヤコシクになるなんて、とサラリと歌うコノ感覚。最近新作が話題のディランなんかとも共通の境地と見えた。


表ジャケでは流石に顔の上半分しか見せてないけれど、内ジャケを見ると、農夫のオジイチャンってな雰囲気。しかし、そのオジイチャンがしこしこ宅録している姿を思い浮かべるだけで微笑ましくなるし、凄い才能だと改めて感じさせられるものがある。一聴するだけで独特のグルーヴに脳が汚染されてしまうM-4”Down To Memphis”なんてまさにJJの世界。あとユニゾンってのもJJの薄いボーカルを効果的に聴かせる常套手段なんだな、と通して聴いて思う。カントリータッチのアクースティックな家出ソングM-8”Leaving in the Morning”や旧友に一度でいいから会いたいと歌うM-10Old Friend”も心に残った。