いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

The Rolling Stones

markrock2009-01-12

/ Shine A Light ( Universal UICY-1408/9 / 2008 )


ストーンズというと私にとっては、一通りCDやらレコードを持ってはいるけれども、ビートルズほど熱心に聴いてはいない、という存在。こんなことを言ったらファンに怒られそうだが、それは事実。チャーリー・ワッツ・オーケストラ』とかも持ってるわけだけど、余り熱心に聴いてはいない、という。そう言う存在なわけで。そんな私ですが、話題の最新ストーンズ映画、先日観て参りました。新宿武蔵野館という映画館だったが、結構狭い所。まあ音楽映画だから、そんなモンなんだろうけれども、危うく立ち見になる所だった…


ザ・バンド『ラスト・ワルツ』や、ブルースムーヴィー・プロジェクトやら、ディランの『No Direction Home』http://d.hatena.ne.jp/markrock/20060211)やら、音楽との関わりの深いマーティン・スコセッシ監督作品ということで、その手腕も楽しみにしていたのだが、観てみると、スコセッシがストーンズの面々と打ち合わせをする暇もないまま、NYはビーコン・シアターでのライブ(2006年)に到達する様子が冒頭映し出されていたりして拍子抜け。監督も撮影には相当頭を悩ませたことだろう。何しろセットリストが渡されたのが、開演直前と言うのだから。ストーンズ側(特にミック)としても、映画を撮ることで、ステージの客がカメラの邪魔で演奏を楽しめなくなることを恐れていたりして、マア映画を撮られることをさほど喜んでない様子。でも、自然体のステージを決めたいと言う気持ちで臨んで、結果的にこんな素敵なライブ・ドキュメントに仕上がったわけだから、いいじゃないですか。


サントラが先行発売されていたけれど、コレはコレで入手する価値があるのだが(日本盤はボーナスに"Undercover of the Night"を収録)、顔の見える映像の方がいいことは確か。タダのライブビデオと違うのは、やはりプレーヤーの演奏を数台のカメラで撮っているだけあって、同時にメンバーを色んなアングルから接写したり、引いてみたり、見えないところが見えてくる点。そういう面で、ライブビデオではなくれっきとした映画と言って差し支えないだろう。流石はスコセッシ、ビーコン・シアターというストーンズにとっては狭いハコで、バンドの息遣いや一体感に、十分な形で光を当て(Shine a Light)られているように感じられた。


見終わった後の下世話な感想を言えば、一言、「若い」。とにかく彼らの若さが強調。ウェストの引き締まったミックの落ち着き無い動きとか、黙々と叩き続けるチャーリー(演奏後、疲れて溜息をつく瞬間がちゃんと収められてはいたけれど)とか、普通のヨボヨボ爺だったらとっくにショック死してますよ!スコセッシとミックが一つ違いだと考えても、彼らの若々しさというものはオカシイ位。あと、映画の中では、「バンドが長年続いている理由」を過去のインタビュー映像などから探ろうとするのだが、これがまた、なんだか、イマイチ答えが出てこない。大それた目的意識を持ってやっている、とかではないんでしょうな。これぞロックンロール、なのかもしれないけれど。よく考えてみれば、ミック&キースの曲やバンドで作り上げた演奏スタイルは世界最高級であるにせよ、キースのギターなんて「味」の部類だし。完璧なんかではなく、各人の絶妙なバランスの上に成り立っているという、これぞバンド…


名演と思えたのは、バディ・ガイとの共演”Champagne & Reefer”。マディの曲。バディ・ガイは70歳を超えたストーンズよりさらに先輩に当たるわけだが、声量が半端ない。ぶったまげました。あと、ストーンズお得意のカントリー系の楽曲にはグッと来た。”Faraway Eyes”なんて、改めていい曲じゃないですか。さらに、映画では演奏シーンが出なかったけれど、サントラに入っている”Paint It Black”は久々に聴いて感動。往年の名曲”As Tears Go By”も良かった。キースの12弦が最高。まあその他、ベスト選曲で聴かせる。そう言えば、クリスティーナ・アギレラ、ジャック・ホワイトという若手との絡みも悪くなかった。ロックの継承。さらに、コーラス&アコギで久々にブロンディ・チャップリンを拝むこともできたのも収穫。


今月で、70歳を迎えるムッシュかまやつ大先生が”Satisfaction”を歌っている映像を昨日テレビで観たけれど、それと今回の本家ストーンズの”Satisfaction”が重なってきて、「不死身のロックンロール」とでも言うべきものが、強烈な印象で心に残った。