いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Seal

markrock2008-12-12

/ Soul ( Warner / 2008 )


昨日の続き、コレは注目盤でしょう。シールがソウル・クラシックを真正面からカバーしたもの。プロデュースはデヴィッド・フォスター、という事で心配は要らぬ。


思いの他、原曲を大事にしたアレンジが素晴らしい。それだけ、シールの喉の素晴らしさを際立たせている。ハスキーで伸びやかな歌声は往年のソウル歌手に聴き劣りしないと私は思う。


サム・クックM-1”A Change Is Gonna Come”の絶唱にまず胸が締め付けられる。M-2”I Can’t Stand The Rain”はアン・ピーブルスのオリジナルよりも陰鬱さが少し抜かれてテンポを上げた感じが嫌いではない。JBのM-3”It’s A Man’s Man’s World”はこんな所まで演るとは、という感じで。スタックスものではエディ・フロイドの”Knock On Wood”がオーソドックスに良い。エディと言えば今年新作も出ていたけれど、昔よりも歌が上手くなっていた。


デニース・ウィリアムスのM-10”Free”は男声で聴いたことがなかったのだが、なかなか。カーティスはM-6”It’s Alright”とM-12”People Get Ready”を。M-11”Stand By Me ”はちょっとベタ過ぎて要らなかったかも。その他、オーティスやハロルド・メルヴィン&ザ・ブルーノーツ、アル・グリーンやら。アルの曲が一番現代的に響くのは、彼が未だ現役バリバリで演っていることとも関係している。


余りに有名曲ばかりで敬遠する向きもあるだろうが、騙されたと思って聴いてみるべき。歌声で勝負できる歌手。


ちなみに、来年1月発売の日本盤。ボートラに”In The Midnight Hour”と”My Girl”を収録、などと言い出している。気付かなかった私が悪い。