いしうらまさゆき の 愛すべき音楽よ。

音楽雑文家・SSWのブログ

いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

2024年5月31日発売、V.A.『シティポップ・トライアングル・フロム・ レディース ー翼の向こう側にー』の選曲・監修・解説を担当しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20240420111943j:image
[NEW!!]2024年3月29日発売、モビー・グレープ『ワウ』、ジェントル・ソウル『ザ・ジェントル・ソウル』の解説を寄稿しました。

購入はココをクリック
f:id:markrock:20240420112225j:image
購入はココをクリック

f:id:markrock:20240420112255j:image
2024年2月23日発売、セイリブ・ピープル『タニエット』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20240420112151j:image
2023年12月22日発売、ロニー・マック『ワム・オブ・ザット・メンフィス・マン!』、ゴリウォッグス『プレ・CCR ハヴ・ユー・エヴァー...?』、グリーンウッド・カウンティ・シンガーズ『ハヴ・ユー・ハード+ティア・ダウン・ザ・ウォールズ』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20240420112019j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20240420112121j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20240420112046j:image
2023年12月22日(金)に大岡山のライブハウス、GOODSTOCK TOKYO グッドストック トーキョーで行われる、夜のアナログレコード鑑賞会 野口淳コレクションに、元CBSソニーでポール・サイモンの『ひとりごと』を担当されたディレクター磯田秀人さんとともにゲスト出演します。
ココをクリック
「アナログ鑑賞会〜サイモンとガーファンクル特集〜」 日時:12月22日(金) 19時開演、21時終了予定 入場料:予約2,000円 当日2000円(ドリンク代別) ゲスト:石浦昌之 磯田秀人 場所:大岡山 グッドストック東京 (東急目黒線大岡山駅から徒歩6分) 内容:①トム&ジェリー時代のレコード    ②S&G前のポールとアートのソロ·レコード    ③サイモンとガーファンクル時代のレコード(USプロモ盤を中心に)    ④S&G解散後、70年代のソロ·レコード ※それ以外にもレアな音源を用意しております。
2023年11月25日(土)に『ディスカヴァー・はっぴいえんど』の発売を記念して、芽瑠璃堂music connection at KAWAGOE vol.5 『日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』を語る。 と題したイベントをやります。
f:id:markrock:20231119123246j:image
2023年9月19日、9月26日にTHE ALFEE坂崎幸之助さんの『「坂崎さんの番組」という番組』「坂崎音楽堂」で、『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』を2週にわたって特集して頂きました。
1週目 ココをクリック
2週目 ココをクリック
f:id:markrock:20230904182855j:image
坂崎さんから
「聞きなれたS&Gがカバーしていた曲の本家、オリジナルの音源特集でしたが、なかなか興味深い回でしたね。やはりビートルズ同様に彼らもカバー曲が多かったと思うと、人の曲を演奏したり歌ったりすることも大事なのだと再確認です。」
2023年10月27日発売、『ディスカヴァー・はっぴいえんど: 日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』の監修・解説、ノエル・ハリスン『ノエル・ハリスン + コラージュ』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230926181532j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022131852j:image
2023年9月29日発売、『風に吹かれて:ルーツ・オブ・ジャパニーズ・フォーク』の監修・解説、ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー『ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130416j:image

f:id:markrock:20231022130609j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130403j:image
2023年7月28日発売、リッチー・ヘヴンス『ミックスド・バッグ』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918110205j:image
2023年8月26日(土)に『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』の発売を記念して、西荻窪の素敵なお店「MJG」でイベントをやります。
f:id:markrock:20230813101635j:image
2023年6月30日発売、ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクルの監修・解説、ジャッキー・デシャノン『ブレイキン・イット・アップ・ザ・ビートルズ・ツアー!』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918104848j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918105526j:image
2023年3月31日発売、スコッティ・ムーア『ザ・ギター・ザット・チェンジド・ザ・ワールド』、オールデイズ音庫『あの音にこの職人1:スコッティ・ムーア編』、ザ・キャッツ『キャッツ・アズ・キャッツ・キャン』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230408155636j:image
f:id:markrock:20230403220702j:image
f:id:markrock:20230403220638j:image
2023年2月24日発売、ビッグ・ボッパー『シャンティリー・レース』、フィル・フィリップス『シー・オブ・ラブ:ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ』、チャド・アンド・ジェレミー『遠くの海岸 + キャベツと王様』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230129183945j:image
2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230403220543j:image

Albert Hammond

markrock2008-12-09

/ The Many Sounds Of Albert Hammond ( Windswept / 2002 )


ストロークスのジュニアの方が若い音楽ファンには馴染み深いんでしょうけど。こちらは“親”アルバートハモンドの非売品サンプラー。3枚組62曲と言う圧倒的なボリュームで、44年分のキャリアを総括する内容。バイオ、チャートデータ、その他の歌手によるレコーディング・データまで載せた完成度の高い一品だ。


1枚目が”The 50’s,60’s and 70’s”というバンド〜初期ソングライター〜SSW期の作品群。2枚目は”The 80’s and 90’s”と題される80年代に大成功を収めたヒットメイカー期の作品。そして3枚目は、ハモンドを語る上で見逃せないラテン・フィールドにおける提供曲・自演集である。


レア度、作品集としての有用性という点で言えば、1枚目にどうしても注目が集まる。まず、1959年、彼のレコーディングのスタートであるThe Diamond Boys名義の2曲。M-1”New Orleans”はオーソドックスなロックンロール。M-2”Fool In Love”はドゥ・ワップ調でズッコける。当時の流行のスタイルで色々演らされていたのだと気付く。ボーカルは確かにハモンドのもの。イギリスの統治領であったジブラルタルにルーツを持つハモンドだが、デビュー時はお隣のスペインで活動していたのであった。


ハモンドがソングライターとして羽ばたくのは、マイケル・ヘイゼルウッドとのコンビを結成してから。1968年Leapy LeeのM-3”Little Arrows”には既にハモンドの楽曲らしい陽気さが見て取れる。他にもJoe DolanのM-4”Make Me An Island”、M-7”You’re Such A Good Looking Woman”、The PipkinsのM-5”Gimme Dat Ding”、Blue MinkのM-6”Good Morning Freedom”などのヒット曲が聴ける。マジック・ランタンズやファミリー・ドッグの音源は含まれていないが、これらは日本で紙ジャケ再発が既になされているのでそちらを参考に。他にもレオ・セイヤーのM-22”When I Need You”、カーペンターズのM-21”I Need To Be In Love ”、ジョニー・マシス版M-20”99 Miles From L.A.”(アーティ版も良い)、ホリーズM-17”The Air That I Breathe”と言った定番はモチロン、キャス・エリオットM-12”Listen To The World”、ジョニー・キャッシュ、カーター・ファミリー&ジ・オークリッジ・ボーイズのM-15”Praise The Lord And Pass The Soup”(LP起こし…)、アソシエイションM-16”Names,Tags,Numbers & Labels”、ステッペンウルフのM-18”Smokey Factory Blues”と言った意外な曲も聴ける。当然ハモンド自身の最大のヒットM-9”It Never Rains In Southren California ”も。今年は”忘れもの”と言う、大滝風バラードを小ヒットさせた堺正章の”さらば恋人”に似ているとしばしば言われるが、堺の方が先。これに関しては京平先生の勝利か?ジャニス・イアンとの共作M-24”The Other Side Of The Sun”も珍しいところ。アート・ガーファンクルの1stに入っているM-13”Mary Was An Only Child ”は、S&Gを意識したスタイルの佳曲だが、ポール・サイモンが3フィンガーを弾いている。M-11”If You Gotta Break Another Heart”はキャット・スティーヴンス”Wild World”を頂いてしまっている。ソングライティングに関しては器用な所がある。ちなみに余り指摘されないが、キャットとハモンドはアコギのカッティングリズムに近いものがある。


2枚目”The 80’s and 90’s”も以下で曲目を確認していただきたい。凄いソングライターだと改めて唸らされる。3枚目のラテンものも全然悪くはない。Los Canosによる、2001年の”It Never Rains In Southren California ”のスペイン語カバーが出ていたなんて全く知らなかった。日本では英語圏以外となると情報が遮断されているゆえ。ラテン版We Are The Worldとも言える”Cantare Cantaras”も収録。一聴して判るのはホセ・フェリシアーノのボーカルとギターソロ。


この盤、eBayなど海外オークションではしばしば出品されているので、ハモンドファンは要チェック。


Disc One: The 50's, 60's and 70's
1. New Orleans - The Diamond Boys
2. Fool In Love - The Diamond Boys
3. Little Arrows - Leapy Lee
4. Make Me An Island - Joe Dolan
5. Gimme Dat Ding - The Pipkins
6. Good Morning Freedom - Blue Mink
7. You're Such A Good Looking Woman - Joe Dolan
8. Freedom Come Freedom Go - Fortunes
9. It Never Rains In Southern California - Albert Hammond
10. Oklahoma Sunday Morning - Glen Cambpell
11. If You Gotta Break Another Heart - Albert Hammond
12. Listen To The World - Cass Elliot
13. Mary Was An Only Child - Art Garfunkel
14. The Free Electric Band - Albert Hammond
15. Praise The Lord And Pass The Soup - Johnny Cash, The Carter Family & The Oak Ridge Boys
16. Names, Tags, Numbers & Labels - The Association
17. The Aire That I Breathe - The Hollies
18. Smokey Factory Blues - Steppenwolf
19. I'm A Train - Albert Hammond
20. 99 Miles From L.A. - Johnny Mathis
21. I Need To Be InLove - The Carpenters
22. When I Need You - Leo Sayer
23. Easy To Love - Leo Sayer
24. The Other Side Of The Sun - Janis Ian

Disc Two: The 80's and 90's
1. To All The Girls I've Loved Before - Julio Iglesias and Willie Nelson
2. Don't You Love Me Anymore - Joe Cocker
3. Give A Little Love - Ziggy Marley
4. Nothing's Gonna Stop Us Now - Starship
5. I Don't Wanna Live Without Your Love - Chicago
6. One Moment In Time - Whitney Houston
7. It Isn't It Wasn't, It Ain't Never Gonna Be - Aretha Franklin & Whitney Houston
8. Careless Heart - Roy Orbison
9. Blow The House Down - Living In The Box
10. I Don't Wanna Lose You - Tina Turner
11. Through The Storm - Aretha Franklin & Elton John
12. Room In Your Heart - Living In A Box
13. When You Tell Me That You Love Me - Diana Ross
14. Don't Turn Around - Neil Diamond
15. Way Of The World - Tina Turner
16. My Heart Is Failing Me - Riff
17. Don't Turn Around - Ace Of Base
18. The Air That I Breathe - k.d. Lang

Disc Three: Latin
1. Las Flechas Del Amor - Karina
2. Necesito Poder Respirar - Albert Hammond
3. Eres Toda Una Mujer - Albert Hammond
4. Si Me Amaras - Albert Hammond
5. Porgue Te Quiero - Camilo Sexton
6. Nino De Palo - Miguel Bose
7. Es Facil Amar - Albert Hammond
8. Al Otro Lado Del Sol - Albert Hammond
9. Cantare Cantaras - 57 Latin Artists
10. De Repente El Amor - Lani Hall & Roberto Carlos
11. Un Amor Asi - Lani Hall & Jose Feliciano
12. Por Un Poco De Tu Amor - Julio Igleaias
13. Y Tu Tambien Lloraras - Jose Luis Rodriguez
14. Entre Mis Recuerdos - Luz Casal
15. Plantado En Mi Cabeza - Luz Casal
16. Enreda - Azucar Moreno
17. Soy Como Un Nino - Chayanne
18. Nunca Llueve Al Sur De California - Los Canos
19. Alejate - Josh Groban
20. A Toda Las chicas Que Yo Ame - Bertin Osborne & Pedrito Fernandez