いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Albert Hammond

markrock2008-12-09

/ The Many Sounds Of Albert Hammond ( Windswept / 2002 )


ストロークスのジュニアの方が若い音楽ファンには馴染み深いんでしょうけど。こちらは“親”アルバートハモンドの非売品サンプラー。3枚組62曲と言う圧倒的なボリュームで、44年分のキャリアを総括する内容。バイオ、チャートデータ、その他の歌手によるレコーディング・データまで載せた完成度の高い一品だ。


1枚目が”The 50’s,60’s and 70’s”というバンド〜初期ソングライター〜SSW期の作品群。2枚目は”The 80’s and 90’s”と題される80年代に大成功を収めたヒットメイカー期の作品。そして3枚目は、ハモンドを語る上で見逃せないラテン・フィールドにおける提供曲・自演集である。


レア度、作品集としての有用性という点で言えば、1枚目にどうしても注目が集まる。まず、1959年、彼のレコーディングのスタートであるThe Diamond Boys名義の2曲。M-1”New Orleans”はオーソドックスなロックンロール。M-2”Fool In Love”はドゥ・ワップ調でズッコける。当時の流行のスタイルで色々演らされていたのだと気付く。ボーカルは確かにハモンドのもの。イギリスの統治領であったジブラルタルにルーツを持つハモンドだが、デビュー時はお隣のスペインで活動していたのであった。


ハモンドがソングライターとして羽ばたくのは、マイケル・ヘイゼルウッドとのコンビを結成してから。1968年Leapy LeeのM-3”Little Arrows”には既にハモンドの楽曲らしい陽気さが見て取れる。他にもJoe DolanのM-4”Make Me An Island”、M-7”You’re Such A Good Looking Woman”、The PipkinsのM-5”Gimme Dat Ding”、Blue MinkのM-6”Good Morning Freedom”などのヒット曲が聴ける。マジック・ランタンズやファミリー・ドッグの音源は含まれていないが、これらは日本で紙ジャケ再発が既になされているのでそちらを参考に。他にもレオ・セイヤーのM-22”When I Need You”、カーペンターズのM-21”I Need To Be In Love ”、ジョニー・マシス版M-20”99 Miles From L.A.”(アーティ版も良い)、ホリーズM-17”The Air That I Breathe”と言った定番はモチロン、キャス・エリオットM-12”Listen To The World”、ジョニー・キャッシュ、カーター・ファミリー&ジ・オークリッジ・ボーイズのM-15”Praise The Lord And Pass The Soup”(LP起こし…)、アソシエイションM-16”Names,Tags,Numbers & Labels”、ステッペンウルフのM-18”Smokey Factory Blues”と言った意外な曲も聴ける。当然ハモンド自身の最大のヒットM-9”It Never Rains In Southren California ”も。今年は”忘れもの”と言う、大滝風バラードを小ヒットさせた堺正章の”さらば恋人”に似ているとしばしば言われるが、堺の方が先。これに関しては京平先生の勝利か?ジャニス・イアンとの共作M-24”The Other Side Of The Sun”も珍しいところ。アート・ガーファンクルの1stに入っているM-13”Mary Was An Only Child ”は、S&Gを意識したスタイルの佳曲だが、ポール・サイモンが3フィンガーを弾いている。M-11”If You Gotta Break Another Heart”はキャット・スティーヴンス”Wild World”を頂いてしまっている。ソングライティングに関しては器用な所がある。ちなみに余り指摘されないが、キャットとハモンドはアコギのカッティングリズムに近いものがある。


2枚目”The 80’s and 90’s”も以下で曲目を確認していただきたい。凄いソングライターだと改めて唸らされる。3枚目のラテンものも全然悪くはない。Los Canosによる、2001年の”It Never Rains In Southren California ”のスペイン語カバーが出ていたなんて全く知らなかった。日本では英語圏以外となると情報が遮断されているゆえ。ラテン版We Are The Worldとも言える”Cantare Cantaras”も収録。一聴して判るのはホセ・フェリシアーノのボーカルとギターソロ。


この盤、eBayなど海外オークションではしばしば出品されているので、ハモンドファンは要チェック。


Disc One: The 50's, 60's and 70's
1. New Orleans - The Diamond Boys
2. Fool In Love - The Diamond Boys
3. Little Arrows - Leapy Lee
4. Make Me An Island - Joe Dolan
5. Gimme Dat Ding - The Pipkins
6. Good Morning Freedom - Blue Mink
7. You're Such A Good Looking Woman - Joe Dolan
8. Freedom Come Freedom Go - Fortunes
9. It Never Rains In Southern California - Albert Hammond
10. Oklahoma Sunday Morning - Glen Cambpell
11. If You Gotta Break Another Heart - Albert Hammond
12. Listen To The World - Cass Elliot
13. Mary Was An Only Child - Art Garfunkel
14. The Free Electric Band - Albert Hammond
15. Praise The Lord And Pass The Soup - Johnny Cash, The Carter Family & The Oak Ridge Boys
16. Names, Tags, Numbers & Labels - The Association
17. The Aire That I Breathe - The Hollies
18. Smokey Factory Blues - Steppenwolf
19. I'm A Train - Albert Hammond
20. 99 Miles From L.A. - Johnny Mathis
21. I Need To Be InLove - The Carpenters
22. When I Need You - Leo Sayer
23. Easy To Love - Leo Sayer
24. The Other Side Of The Sun - Janis Ian

Disc Two: The 80's and 90's
1. To All The Girls I've Loved Before - Julio Iglesias and Willie Nelson
2. Don't You Love Me Anymore - Joe Cocker
3. Give A Little Love - Ziggy Marley
4. Nothing's Gonna Stop Us Now - Starship
5. I Don't Wanna Live Without Your Love - Chicago
6. One Moment In Time - Whitney Houston
7. It Isn't It Wasn't, It Ain't Never Gonna Be - Aretha Franklin & Whitney Houston
8. Careless Heart - Roy Orbison
9. Blow The House Down - Living In The Box
10. I Don't Wanna Lose You - Tina Turner
11. Through The Storm - Aretha Franklin & Elton John
12. Room In Your Heart - Living In A Box
13. When You Tell Me That You Love Me - Diana Ross
14. Don't Turn Around - Neil Diamond
15. Way Of The World - Tina Turner
16. My Heart Is Failing Me - Riff
17. Don't Turn Around - Ace Of Base
18. The Air That I Breathe - k.d. Lang

Disc Three: Latin
1. Las Flechas Del Amor - Karina
2. Necesito Poder Respirar - Albert Hammond
3. Eres Toda Una Mujer - Albert Hammond
4. Si Me Amaras - Albert Hammond
5. Porgue Te Quiero - Camilo Sexton
6. Nino De Palo - Miguel Bose
7. Es Facil Amar - Albert Hammond
8. Al Otro Lado Del Sol - Albert Hammond
9. Cantare Cantaras - 57 Latin Artists
10. De Repente El Amor - Lani Hall & Roberto Carlos
11. Un Amor Asi - Lani Hall & Jose Feliciano
12. Por Un Poco De Tu Amor - Julio Igleaias
13. Y Tu Tambien Lloraras - Jose Luis Rodriguez
14. Entre Mis Recuerdos - Luz Casal
15. Plantado En Mi Cabeza - Luz Casal
16. Enreda - Azucar Moreno
17. Soy Como Un Nino - Chayanne
18. Nunca Llueve Al Sur De California - Los Canos
19. Alejate - Josh Groban
20. A Toda Las chicas Que Yo Ame - Bertin Osborne & Pedrito Fernandez