いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

稲垣潤一 

markrock2008-12-07

/ 男と女 –Two Hearts Two Voices- ( Universal / 2008 )


そろそろ今年も終ってしまう。今年の新譜で面白かったものを幾つか紹介しておかないと年が越せないか。


稲垣潤一。オトナなアーティストだと思う。中学生の頃からそう思っているのだが、今も印象は余り変わらない。近作もなかなか面白くて買い続けているのだが、コレは金をかけた力作。ユニヴァーサルって凄いな、と思ってしまう。


最近はしばしばカバーモノを出している彼だが、もともと歌で勝負してきた人であるだけに、その仕上がりには自信があるのだろう。本家に負けてはいない。しかも豪華な女性シンガーとの共演。男声女声のキー・チェンジもスムースで、むしろドラマティックさを演出するのに貢献している。冒頭ユーミンM-1”Hello, my friend”は“エヴァ”の歌唱で知られる高橋洋子の唄が凄い。こんなに感動する曲だったのか、と久々に。稲垣のボーカルもオリジナルかと思わせるほどで掴みはバッチリ。そう言えば高橋はユーミンのツアーにも参加していた。さらに稲垣とは縁深い林哲司作品M-2”悲しみがとまらない”は小柳ゆきと。聖子のフォスターばりのバラードM-3”あなたに逢いたくて〜Missing You〜”のお相手は同じくブリッコ松浦亜弥。意外に頑張って歌っている。AORファンが喜ぶアレンジも良い。M-4”PIECE OF MY WISH”をデュエットしていた辛島美登里作品M-6”サイレント・イヴ”は大貫妙子と。さらに本家太田裕美とのM-8”木綿のハンカチーフ”、山本潤子とのM-10”秋の気配”(オフコース)だとか、完璧なキャスティング。ラストは明菜さんとのM-11”ドラマティック・レイン”ですか。参った。寒い夜だから、なんて言うと捕まりそうな気持ちになってしまうが、M-5”セカンド・ラブ”をデュエットしているTRFのYU-KIって明菜声なんだと初めて気付く。アラフォー世代ど真ん中、ってな盤がばかりが目に付く昨今だが、コレは完成度高し。