いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Carole King

markrock2008-11-27

/ Welcome to My Living Room ( 2007)


えー、先週の土曜日ですか、行ってまいりました。キャロル・キングの単独公演。国際フォーラムの12列目でありましたか、御歳66にもなられるキャロルのご尊顔を拝してきたわけだが、なかなかに若々しくて魅力的な人物に映りました。只者ではないですな。心配された声量も往時を思わせる十分なもの。鼻にかかったしわがれ声を聴くたびに、涙涙でありました。しかもスタートが”Song of Long Ago”ですか。参りました。


さて、日本語を交えたたどたどしいMCもなかなか悪くなかったのだが、関心事は公演の中身。蓋を開けてみればほぼDVDとCDで予習した通り。しかしコレデモカという懐メロなのにあまり嫌気がささないというのは、弾き語り中心のパーソナルな音作りにあるのか。「いま・ここ」を感じさせくれる音。


結論から言うと、モンキーズの”Pleasant Valley Sunday”、大好きなシックスティーズもの”Might As Well Rain Until September”を聴けたのがなんとも嬉しかった。でも一番グッと来たのは、このツアーのCDを昨年だか聴いたときもそうだったんだが、”You’ve Got A Friend”でも”(You Make Me Feel Like a) Natural Woman”でもなく、”Will You Love Me Tommorow”。あと、”One Fine Day”とかにもウルッと来ちゃうあたり、オカシイんでしょうか?


さて、今回キャロルのお供をしていたのはバンマス的なルディ・ゲスとゲイリー・バー。ナッシュビルのカントリー系セッションメンだが、ソロで歌う尺まで準備されていたルディの方には感心した(ジュース・ニュートンに書いた曲だとか言ってたが、全く無反応の観客にドキドキした)。こう言うタイプの歌手は滅多に日本なんかには来ませんし。キャロルも一歩引きつつ彼らとの演奏をすごく楽しんでいるようで、このトリオを大切な“バンド”だと考えている模様。かつて“シティ”なんてバンドをやっていたことを思い出す。ゲイリーの方はハッキリ言ってお世辞にも上手いギタリストじゃないんだが、そのヨレヨレ感も嫌いではない。リンゴ・スターの近作にも参加している人。二人とも、キャロルとは90年代に入ってからのレコーディングでしばしばお目にかかるようになった間柄。


なんだかJTも観たくなって来たなア。