いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

ザ・ジャネット

markrock2008-11-08

/ 美しい季節/恋はサーカス


最近、昔ながらの町のレコード屋ってな雰囲気の中古盤屋がどんどん減っている気がします。確実に。店のオッチャンもいい歳になってきてますし、なかなか売り上げ的にも厳しいハナシなのかもしれないけれど。


からしばしば通っていた三鷹の老舗中古レコ屋がとうとう無くなってしまうとのこと。ココ、80年頃に店を始めて、全国20店舗以上の系列店を従えた時期もあったそうだが、今はその半分以上が閉店したらしい。店のナイロン袋に印刷されている店の殆んどが今は無いということか…。店内はレコ・カセットテープ・CDと揃っているが、CD棚は私の記憶では10年くらい中身が一緒…。レコも割と高めの値付けで、余り多く買い求めた記憶もないのだが、今回は在庫一掃、10枚1000円、シングル盤は10枚500円という大盤振る舞い。店のオッチャンが言うことに「とうとうこの年になって、レコードを手放してもいい気持ちになれた」とのこと。昔は同じアルバムでもLP、テープ、CDやら色んなメディアで持っていないと気が済まなかったものだが、今はCD1枚あればイイヤ、とマアそういう気持ちに初めてなれたと。ウーム。私もいずれはそうなれるのかしら??


さて、購入盤は以下のもの。まあ、オッチャンの言葉に反するようでナンだが、殆んどCDで持ってるんですが。持ってなかったもので面白かったのは、後にオフコースに加入し、フォークデュオをスタジアムに耐えうる分厚いバンドサウンドに生まれ変わらせた大間ジロー、松尾一彦(当時松尾ジュン)が在籍していた後期GSのザ・ジャネット「美しい季節 / 恋はサーカス」。A面は阿久悠/平尾昌晃コンビのベタな歌謡曲なんだが、ロンドン・アビーロード録音で熱いエレキソロが耳を劈く、しっかりしたバンドの音になっているのが良い!さらに、リードボーカル松尾のビターボイスが堪らない。B面も佳曲。コーラス&メロがガロ日高の作るアイドルポップ風で悪くない。コレ、LP欲しいなあ。松尾といえば、オフコースで売れてからもソロ盤を何枚かリリース。作曲家としても稲垣潤一はじめいい曲を沢山書いている。そうそう、ジャネットだが、キンキン・ムッシュのザ・チャレンジなる番組で10週勝ち抜いてロンドン録音を勝ち取ったそうだ。1974年のこと。


オフコースと言えば、清水仁がいたビートルズコピーバンドバッドボーイズ東芝からの唯一作が先月再CD化された。93年の音蔵での再発時には含まれていた、拓郎の"ビートルズが教えてくれた"などのオリジナルのシングル曲がカットされていたのが惜しい。てか買う気失せました。


五つの赤い風船 / 五つの赤い風船 ’75
Starland Vocal Band / Rear View Mirror
Frankie Laine / Highlights
キャラメル・ママ / ティン・パン・アレー
チェイス / ギリシャの神々(エニア)
チェイス / 追跡
ボブ・ディラン / 血の轍
ラトルズ / オール・ユー・ニード・イズ・キャッシュ
Andy Williams / Solitare
Eddie Floyd / I’ve Never Found A Girl
久保田真琴 / サンセット・ギャング
町田義人 / 熱砂
ザ・ベスト・オブ・ブルー・コメッツ
ソニー・ジェイムス / ナンバー・ワン
ボビー・ジェントリー / ローカル・ジェントリー
遠藤賢司 / 満足できるかな
The Best Of Ventures
寺内タケシとバニーズ / レッツ・ゴー「運命」
井上大輔 / 哀 戦士
桐ヶ谷仁 / Vermilion

シングル
かまやつひろし / のんびりいくさ
メリー・ホプキン / グッドバイ
メリー・ホプキン / 悲しき天使
ジョニー・シンバル / ミスター・ベース・マン
ザ・ジャネット / 美しい季節/恋はサーカス
The Zombies / Time of the Season
バニラ・ファッジ / キープ・ミー・ハンギング・オン
ポール・リヴィアーとレイダース / グッド・シング
ニール・セダカ / スーパーバード
サンディー・ネルソンとティーン・スターズ / ホワッド・アイ・・セイ他
ポールとポーラ / ヘイ・ポーラ
エディ・ホッジス / 恋の売り込み
バニーズ / 愛のリメンバー
寺内タケシとバニーズ / レッツゴー!シェイク/シェイクNo.1
アニマルズ / 朝日のあたる家/悲しき願い
ビートルズ / ミッシェル他
平尾昌晃/ミッキー・カーチス山下敬二郎 / 上陸!ロックンロール・タイフーン