いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Roger Nichols & the Small Circle of Friends

markrock2007-12-22

/ Full Circle ( 2007 )


ロジャニコ!バカラック来日なんてどうでもよくなる(失礼!)ほど嬉しい新作。メリンダ・マクレオド、マレイ・マクレオドとのトリオ「スモール・サークル・オズ・フレンズ」としては、A&Mにおける名盤から数えて40年ぶりというのだから、全くもって奇跡。95年に日本でリリースされた新作は旧友ポール・ウィリアムスらをゲストに迎えたロジャーのソロ・プロジェクトってな風情だった。まあトリオの新作を出すタイミングとしてはそこがベストだったと未だに思うけれど。今作も日本主導でのリリースで、選曲・アートワークなど随所にマニアな拘りが。紙ジャケで当時の三人のポートレートをソフロ風に仕上げてくれたのはウレシイ。


音はというと、冷静に言えば、TOTOやエアプレイのリズム隊で録られた2曲の蔵出しを除き、ほぼロジャー自身による宅録。60年代A&Mのソフトロック・サウンドは優れたスタジオミュージシャンによって支えられていたわけで、それに比べると当初物足りなく感じたりもしたのだが、数日聴き込むにつれて気にならなくなってきた。とにかく3人のハーモニーが聴けるだけで涙を抑えられない。


レコ・コレ誌の発売前レビューに「67年の前作はメリンダの女声が目立ったが、新作はマレイと思しき男声が目立つ」みたいに書かれていたけれど、実際はおばちゃんメリンダのキーが著しく低くなっただけで、ちゃんと歌っていることが確認できる。


ポール・ウィリアムスと書き溜めた楽曲が尽きた後の70年代のロジャーは本当に才能の光を失ってしまった。ポール・アンカに書いてヒットした”Times Of Your Life”もありきたりなバラードだったし。ポールと作ったデモ集は彼の持てる才能を全て出し尽くしたものだった。


そんなわけで、67年作の続編を作るなら、60年代の屈指の楽曲を集めるべし!ってなハナシになったのかは知らないけれど、再録M-2”The Drifter”、M-3”Let Me Be The One”、M-4”Out In The Country”、リチャード・カーペンターが歌っていたM-5”I Kept On Loving You”、サンダウナーズのM-9”Always You”など、60年代に書かれたソフトロックの名曲がズラリ。アン・マレーの名唱で70年代にヒットしたM-1Talk It Over In The Morning”も確か60年代の作だったハズ。


そうそう、ちなみに60年代の未発表曲M-7”You’re Foolin’ Nobody”はロジャーらしい気品のあるメロに弾むようなコーラスがついてくる佳曲。これだけでも買い!


とは言え久々にポールと一緒に書いた新作も収録(M-12”Look Around”)。感動的なバラードで、ロジャーも彼らしいメロディを書いている。これを機にポールとのコンビを復活させて、新作も出してくれたら最高なのだが。それにしてもポールって朴訥ながら表現力があるんだなあと、改めて本作を聴いてそんなことも思ったり。