いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190909172121p:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20191115033300j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。 ●定価:本体3000円+税●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

Jamie Scott & The Town

markrock2007-12-09

/ Park Bench Theories ( Polydor / 2007 )


2004年以降メジャーでポツポツシングルなんかを出していたイギリスの若手SSW、初のアルバム。ザ・タウンというバンド名義になっているが、基本はアコギのカッティングが聴こえるパーソナルな音作り。冒頭のフォーキーなM-1”Runaway Train”では、イギリスらしい内省、センチメンタリズムをジェイムス・ブラントを思わせるちょいハスキーめのボーカルで歌い上げる。早速グッと惹きこまれる私。

一方、シングルが切られているM-2”When Will I See Your Face Again”はモロ、ロッド・スチュワートなんかを想像してしまう、ソウル風味の作。かぶさるストリングスも切ない。3フィンガーのギターにピアノが絡むM3”London Town”はイギリス的な哀愁がかなり良い。メロにはフィル・コリンズなんかを思わせる部分も。トラッドな感じもする3連の美メロバラッドM-5”Shadows”もいい。"Like A Rolling Stone"ばりのオルガンと早口ボーカルが聴けるM-11"Hey You"もなかなか。

通して聴くとかなり曲のクオリティが高いことが判る。売れ線のブラントなんかとは比べ物にならない位、時流に耐える作。ジャケもいいし。まあ、っていうかアコギ好きは堪らない、というだけかもしれないけれど。