いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Eagles

markrock2007-11-10

/ Long Road Out Of Eden ( 2007 )


しばらく更新が滞ってしまったが、色々面白い新譜が出てきているのでこの辺りで。


亜米利加を代表するトップロックバンドの28年ぶりの新譜(再結成盤での数曲の新曲を除けば)なだけに、発売が待ちきれなかった。“How Long”の先行プロモをYouTubeで見まくっていたわけだし。


全編聴いてみると、確かに悪くない仕上がり。しかし”How Long”が一番ヨイ、という、悲しいような当たり前の結論に。この曲、J.D.サウザーの1stに収録されている佳曲。とはいえ、JD盤ではさほど注目されていなかった曲だけに、世の騒ぎようを思うと、カントリーロックファンがいかにあの時代の音に飢えているかがわかる。


Disc1はポップサイド。ソロや他グループでも相当のキャリアを持つドン、グレン、ティモシー、ジョーが持ち味をそれぞれの発揮。ソロの集合体のようにも聴こえるが、ドンとグレンの久々の共作や二人のボーカルを掛け合いを聴くと流石に胸が熱くなる。Disc2は9.11以降、その衝撃で新譜政策が中断したと言われている彼らのブッシュ批判曲も含み、ちょっと重苦しい感触。日本盤には既にシングル発売されている”Hole In The World”がボーナス収録されている。佳曲ながらその打ち込み主体の音はアルバムの流れからすると唐突で、純粋なボーナス曲として聴くのが正しい。来日時もこの曲だけはカラオケをバックに歌っていたし。


そうそう、外部ライターも注目に値する。ジャック・テンプチンやJ.D.サウザーは御馴染みの所だが、ポール・キャラックやフランキー・ミラー&ジェリー・リン・ウィリアムスなんてのは新しいところ。ラリー・ジョン・マクナリーはドンの『Inside Job』以来の顔合わせ。