いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Harry Hosono & The World Shyness

markrock2007-10-08

/ “Flying Saucer 1947” ( 2007 )


うーん、余りにゴキゲンな盤ゆえ、にわかにレビューするのを忘れていた。悪いけど多羅尾伴内楽団なんか買ってる場合じゃないです。今年は資金繰りに苦しみ中止と相成ってしまった狭山ハイドパークフェスで昨年、ホソノハウス回帰を目にして以来、「もっとやればいいのに」と思い続けていたのだが、そうしたファンの願望と細野さんの満足感が一致していたのか、「東京シャイネス」の諸活動でまたまた形になり、今回のスタジオ作にまで繋がってきた。想定内。だがしかし嬉しい。ところでこのバンド、徳武弘文ら腕利きぞろいながら、高田漣浜口茂外也という2世を加えているところが、日本のポピュラー音楽の歴史をも背負っているようで。


今回、詳細なブックレットの自身による解説やコシミハルとの対談に、本作への道程やオリジナルの種明かしなどが明記されており、特にここで説明することは省略したいが、戦前亜米利加のカントリー(本当は亜米利加音楽と呼びたいが)の匂いをプンプン感じさせる作。ディランの近年の活動なんかも思い出させてくれる。テクノ・ヒップホップに刺激された80年代のM-3”Body Snatchers”やM-9”Sports Man”が意外なカントリーアレンジになっているのも面白い。個人的には、ミッキー・カーティスをゲストに呼んだM-1”Pistol Packin’ Mama”そしてM-2”The Wayward Wind”というカバーモノが抜群に良かった。最近くぐもりがちで、「東京シャイネス」のDVDでも不満だった細野の歌声が活き活きしている。旧いマイクの効能か? タイトルと関連したM-4”Flying Saucer Breakdown”、M-7”Morgan Boogie”、M-10”Shiawase Happy”、M-11”Pom Pom Joki”再演といったリズムものはいぜんゴキゲンな仕上がり。しかし、森高千里M-6”Miracle Light”のセルフカバーは冴えない。さらに、UAをゲストに加えたM-11”Yume-Miru Yaku-Soku”ではエレクトロニックを入れてしまった。これは唯一の失敗。なんだか本作のコンセプトをブレさせてしまっていて、調味料にもなっていない。


ということで、10曲目まででこの作品は終わっている。後半2曲は邦盤のボーナストラック気分で聴いてます。なんて言ったら失礼か!?