いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Repairs

markrock2007-01-23

/ Same ( Mowest MW121L / 1972 )



モータウンのレーベルMowestの白人グループ。コレは1st。プロデュースはアンドリュー・オールダム!!このグループ、70年代後半〜80年代前半にジェニファー・ウォーンズのヒット”Right Time Of the Night”やリア・カンケルの”Step Right Up”を書いたことで注目されたSSW、ピーター・マッキャンが在籍していたことで知られている。


メンバーのマイク・フォウリーが書いた曲は混沌とした前衛的なもの。ラリー・トリードウェルの楽曲も魅力に乏しく余り惹かれない。唯一の女性メンバー、スキー・ハニーカットもグレイス・スリックみたいな感じで何ら目新しくない。ラリー、スキーらの共作B-3”Fiddler”はCSNっぽいコーラスが聴けて悪くも無いが。また同じくラリー、スキーにアンドリュー・オールダムがソングライティングに加わったB-4”Nowhere”もそこそこ不思議な魅力がある。


しかしピーター曲はダントツ。ここでも好曲4曲を書き下ろしている。A-1”Songwriter”はポール・マッカートニー的センスを感じる名曲。転調を駆使し、ソフトロックファンも満足の一曲かと。A-3”Time”なんて、80年代のAORバラードを先取りしたような一曲。1972年という時代を考えると、早い!!コンピとかに収録されてもいいように思うが、頭が固くなりがちなAORファンの耳にはナカナカ届きにくいかも。B-1”Lord Of The Mountains”もロックな展開ながらサビではアコギとメロウな歌声の調和が見事。スキー・ハニーカットのCSNっぽいコーラスワークも部分的に飛び出したり。B-5”Fine & Gentle Lady”はミステリアスな一曲で初期マイケル・ジョンソンを髣髴とさせる。