いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Denny Doherty

markrock2007-01-21

/ Waiting For A Song ( Ember / 1973 )

サイケデリックフランク・シナトラの死。元ママス&パパスのデニー・ドーハティが亡くなった。パパ・ジョン・フィリップスの死も悲しかったのだが、それに引き続き…。エドサリヴァン・ショウのカラー映像をよく目にしていたので、デニーの印象もその時のまま。晩年の写真を見たときは、流石に老いていて泣けてきた。そう言えば今年、マイケル・ブレッカーも若くして亡くなり、驚いた。


これはキャス・エリオットとミシェル・フィリップスが全編コーラス参加した1974年のソフトロックなボーカル名盤。2種類のジャケでCD化されている。改めて聴いてみよう。プロデュースはダリル・ホール、トム・セラーズ、ティム・ムーアが在籍していたガリヴァーのプロデュースで知られるジョン・マダラ。アレンジはマイク・メルボーンとトム・セラーズが務める。


とにかく珠玉の名曲ばかり。イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリー初期の名バラードM-1”Simone”、70年代版ママパパといった感じの目くるめくコーラスものM-3”You’ll Never Know”にまず耳を引付けられる。A-4”Togethter”はアソシエイションの”Never My Love”を作ったリチャード&ドナルドのアドリシ兄弟の作。”All You Need Is Love”なアレンジがグッド。アドリシ兄弟のデモも未発表アルバムセッション『Never My Love The Lost Album Sessions』で聴ける。さらに、無名ながらリック・サンドラー作のカントリーロックM-6”Southern Confort”を挟み、酔いどれた、バリー・マン作・ライチャス兄弟のM-7”You’ve Lost That Lovin’ Feelin’”。この曲、アメリカで最もエアプレイされているシングルだそうだが、こうしたディープ&ソウルフルな楽曲を好む素地が日本とお国柄の大きな違い。さらにM-8”Goodnight And Good Morning”はジョン・マダラ繋がりで初期ポップソウルなホール&オーツ曲。ちなみにホール&オーツのデビュー前のデモ曲集っていくつか出てますが、SSWファンにもオススメ。かなり良い。さらにM-9”Lay Me Down (Roll Me Out To Sea)”はグレン・キャンベルやB.J.トーマスに曲提供し、自身もソロ作を一枚出しているラリー・ワイスの作。ゴスペルっぽい曲。ラストのフォーキーなM11”I’m Home Again”まで、セヴンティーズポップ好きにはタマラナイ質感。


謹んでご冥福をお祈り申し上げます。