いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]2023年12月22日(金)に大岡山のライブハウス、GOODSTOCK TOKYO グッドストック トーキョーで行われる、夜のアナログレコード鑑賞会 野口淳コレクションに、元CBSソニーでポール・サイモンの『ひとりごと』を担当されたディレクター磯田秀人さんとともにゲスト出演します。
ココをクリック
「アナログ鑑賞会〜サイモンとガーファンクル特集〜」 日時:12月22日(金) 19時開演、21時終了予定 入場料:予約2,000円 当日2000円(ドリンク代別) ゲスト:石浦昌之 磯田秀人 場所:大岡山 グッドストック東京 (東急目黒線大岡山駅から徒歩6分) 内容:①トム&ジェリー時代のレコード    ②S&G前のポールとアートのソロ·レコード    ③サイモンとガーファンクル時代のレコード(USプロモ盤を中心に)    ④S&G解散後、70年代のソロ·レコード ※それ以外にもレアな音源を用意しております。
[NEW!!]2023年11月25日(土)に『ディスカヴァー・はっぴいえんど』の発売を記念して、芽瑠璃堂music connection at KAWAGOE vol.5 『日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』を語る。 と題したイベントをやります。
f:id:markrock:20231119123246j:image
2023年9月19日、9月26日にTHE ALFEE坂崎幸之助さんの『「坂崎さんの番組」という番組』「坂崎音楽堂」で、『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』を2週にわたって特集して頂きました。
1週目 ココをクリック
2週目 ココをクリック
f:id:markrock:20230904182855j:image
坂崎さんから
「聞きなれたS&Gがカバーしていた曲の本家、オリジナルの音源特集でしたが、なかなか興味深い回でしたね。やはりビートルズ同様に彼らもカバー曲が多かったと思うと、人の曲を演奏したり歌ったりすることも大事なのだと再確認です。」
[NEW!!]2023年10月27日発売、『ディスカヴァー・はっぴいえんど: 日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』の監修・解説、ノエル・ハリスン『ノエル・ハリスン + コラージュ』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230926181532j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022131852j:image
2023年9月29日発売、『風に吹かれて:ルーツ・オブ・ジャパニーズ・フォーク』の監修・解説、ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー『ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130416j:image

f:id:markrock:20231022130609j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130403j:image
2023年7月28日発売、リッチー・ヘヴンス『ミックスド・バッグ』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918110205j:image
2023年8月26日(土)に『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』の発売を記念して、西荻窪の素敵なお店「MJG」でイベントをやります。
f:id:markrock:20230813101635j:image
2023年6月30日発売、ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクルの監修・解説、ジャッキー・デシャノン『ブレイキン・イット・アップ・ザ・ビートルズ・ツアー!』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918104848j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918105526j:image
2023年3月31日発売、スコッティ・ムーア『ザ・ギター・ザット・チェンジド・ザ・ワールド』、オールデイズ音庫『あの音にこの職人1:スコッティ・ムーア編』、ザ・キャッツ『キャッツ・アズ・キャッツ・キャン』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230408155636j:image
f:id:markrock:20230403220702j:image
f:id:markrock:20230403220638j:image
2023年2月24日発売、ビッグ・ボッパー『シャンティリー・レース』、フィル・フィリップス『シー・オブ・ラブ:ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ』、チャド・アンド・ジェレミー『遠くの海岸 + キャベツと王様』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230129183945j:image
2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230403220543j:image

Frankie Valli and the Four Seasons

markrock2007-01-05

/ Streetfighter ( Curb R25X-2002 / 1985 )



フランキー・ヴァリ&ザ・フォーシーズンズのオリジナルアルバム群が2in1でCD化されてますね。それで思い出した一枚は、80年代、久々のオリジナル盤のお出ましとなった『Streetfighter』。ジャケは悪そうなイタロ・アメリカン達。3、4年前に中古盤を買った時にはトンデモナイ駄盤だと感じたのだが今の耳にはどう響くのか…


さて改めて聴いてみると、60年代〜70年代の色を求めると確かにゲンナリするかもしれないが、80年代らしいデジタルポップは意外に新鮮。アレンジにはチャーリー・カレロが当たっているが、彼の色は感じない。つまり別にフォーシーズンズである必然性は感じられないのだが、音だけを聴くなら十分鑑賞に堪える代物。エイティーズの無個性サウンドに載るヴァリの声に、長大なロックヒストリーを生き抜いた男の意地を感じ取れる想像力があればなおさら。


参加陣はというとスタジオミュージシャンではダン・ハフ、ジョン・ロビンソン、フレッド・タケット、ポール・ジャクソンなんかが。コーラスではボビー・コールドウェル(クレジットではRobert H. Caldwell)、エアプレイのトミー・ファンダーバーグ、アンドリュー・ゴールド、トム・ケリー、リチャード・ペイジとマア豪華。


切ない美サビメロを持つA-1”Streetfighter”、ポール&コステロとは同名異曲A-2”Veronica”とまずはご機嫌なスタート。スローなストリングスに導かれるバラードA-3”Moonlight Memories”は懐かしいタッチ。美しい。次なるA-4”Book Of Love”のリメイクは単独で聴けば「最悪」と評価せざるを得ないが、マアこの流れなら許すか。エイティーズ・ムーヴィーには合いそう。この曲以外、A面はサンディ・リンツァーとアーウィン・レヴィンのコンビが書いている。


B-1”Did Someone Break Into Your Heart Last Night”とB-3”Once Inside A Woman’s Heart”はA-1〜3と同じコンビの作。B-2はジェリー・コルベッタとボブ・クルーのコンビで”Commitment”。ラストはボブ・ゴーディオとボブ・クルーのコンビの作でB-4”What About Tomorrow”となっている。印象に残ったのはストリングスが効果的に入ったバラードB-3。ヴァリのハイトーンも堪能できる。


ところでジェリー・コルベッタと言えばシュガーローフのリーダーで”Green-Eyed Lady”のヒットを持っている人物(1978年のソロ作は良い!)。彼も再結成時にメンバーに加わっている。ちなみに同じくイタロな人ではドン・シコーニ。彼は”ミスター・ダイングリー・サッド”のヒットを持つクリッターズのメンバーだったが、彼も70年代半ば、フォー・シーズンズのメンバーに迎えられた。

そう言えばドン・シコーニの日本発のソロAOR作はボビー・コールドウェルなアートワークがどうかと思いますが、かなり出来が良い!!(1991年の『Forever Begins Today』、1992年の『Lovers Prayer』)どちらもジェリー・コルベッタがプロデュースしている。前者には”ミスター・ダイングリー・サッド”の再録もありますし。