いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Frankie Valli and the Four Seasons

markrock2007-01-05

/ Streetfighter ( Curb R25X-2002 / 1985 )



フランキー・ヴァリ&ザ・フォーシーズンズのオリジナルアルバム群が2in1でCD化されてますね。それで思い出した一枚は、80年代、久々のオリジナル盤のお出ましとなった『Streetfighter』。ジャケは悪そうなイタロ・アメリカン達。3、4年前に中古盤を買った時にはトンデモナイ駄盤だと感じたのだが今の耳にはどう響くのか…


さて改めて聴いてみると、60年代〜70年代の色を求めると確かにゲンナリするかもしれないが、80年代らしいデジタルポップは意外に新鮮。アレンジにはチャーリー・カレロが当たっているが、彼の色は感じない。つまり別にフォーシーズンズである必然性は感じられないのだが、音だけを聴くなら十分鑑賞に堪える代物。エイティーズの無個性サウンドに載るヴァリの声に、長大なロックヒストリーを生き抜いた男の意地を感じ取れる想像力があればなおさら。


参加陣はというとスタジオミュージシャンではダン・ハフ、ジョン・ロビンソン、フレッド・タケット、ポール・ジャクソンなんかが。コーラスではボビー・コールドウェル(クレジットではRobert H. Caldwell)、エアプレイのトミー・ファンダーバーグ、アンドリュー・ゴールド、トム・ケリー、リチャード・ペイジとマア豪華。


切ない美サビメロを持つA-1”Streetfighter”、ポール&コステロとは同名異曲A-2”Veronica”とまずはご機嫌なスタート。スローなストリングスに導かれるバラードA-3”Moonlight Memories”は懐かしいタッチ。美しい。次なるA-4”Book Of Love”のリメイクは単独で聴けば「最悪」と評価せざるを得ないが、マアこの流れなら許すか。エイティーズ・ムーヴィーには合いそう。この曲以外、A面はサンディ・リンツァーとアーウィン・レヴィンのコンビが書いている。


B-1”Did Someone Break Into Your Heart Last Night”とB-3”Once Inside A Woman’s Heart”はA-1〜3と同じコンビの作。B-2はジェリー・コルベッタとボブ・クルーのコンビで”Commitment”。ラストはボブ・ゴーディオとボブ・クルーのコンビの作でB-4”What About Tomorrow”となっている。印象に残ったのはストリングスが効果的に入ったバラードB-3。ヴァリのハイトーンも堪能できる。


ところでジェリー・コルベッタと言えばシュガーローフのリーダーで”Green-Eyed Lady”のヒットを持っている人物(1978年のソロ作は良い!)。彼も再結成時にメンバーに加わっている。ちなみに同じくイタロな人ではドン・シコーニ。彼は”ミスター・ダイングリー・サッド”のヒットを持つクリッターズのメンバーだったが、彼も70年代半ば、フォー・シーズンズのメンバーに迎えられた。

そう言えばドン・シコーニの日本発のソロAOR作はボビー・コールドウェルなアートワークがどうかと思いますが、かなり出来が良い!!(1991年の『Forever Begins Today』、1992年の『Lovers Prayer』)どちらもジェリー・コルベッタがプロデュースしている。前者には”ミスター・ダイングリー・サッド”の再録もありますし。