いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]2022年2月24日発売、ビッグ・ボッパー『シャンティリー・レース』、フィル・フィリップス『シー・オブ・ラブ:ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ』、チャド・アンド・ジェレミー『遠くの海岸 + キャベツと王様』の3枚のライナーノーツ寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230129183945j:image
[NEW!!]2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)のライナーノーツ寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20221230235618j:image

 Corinne Bailey Rae / Same ( EMI / 2006 )

markrock2006-12-14



癒し、だとかオーガニックだとかそんな文脈でコピーがついてますが。カリブとイギリス白人との混血コリーヌ・ベイリー・レイのデビュー作。M-1”Like A Star”がやはり白眉か。

アクースティックギターも自身で弾く。ビリー・ホリデイと比べられることもあるようで。その類推ではエリカ・バドゥってのがいましたが。何よりその声に特徴アリ。ソフト&ウォームでありながら引っ張る時はかすれるように気だるい。ジャケットだけを見るとアクースティックを基調にしているように思わせておいて、実際耳にしてみるとヒップホップの手法が取り入れられていたりしてガッカリする作品も多い昨今。これはなかなか。ソウルっぽいM-3”Put Your Records on”やエレクトリックギターのメジャーセブンスなカッティングが懐かしい感じのM-6”Call Me When You Get This”、ピアノに始まる切ないバラードM-7”Choux Pastry Heart”などが気になった。個人的には冒頭のアクースティックなタッチのままM-8”Breathless”みたいな曲をずっと聴きたかったかも。メロウな音がタマラナイです。そうそう、M-10”Buttefly”も大名曲です!来年2月に来日する模様。ワン・ヒット・ワンダーにならぬことを祈るのみ。