いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Jerry Lee Lewis

markrock2006-11-01

/ Last Man Standing The Duets ( Artists First 20001 / 2006 )


長生きするものですね。自分のことではなく、御大ジェリー・リー・ルイスのこと。”Great Balls Of Fire”、”Whole Lotta Shakin’ Goin’ On”…。サンレコードにおいてはエルヴィス、カール・パーキンス、ロイ・オービソンジョニー・キャッシュらと共にロックンロールの黄金時代を演出してくれた大御所が凄まじいゲスト陣を従えて、新譜をリリースしてくれた。ざっと共演者をリストアップすると、ジミー・ペイジ、BBキングにバディ・ガイスプリングスティーン、ミック&キース、ロビー・ロバートソン、ジョン・フォガティ、ニール・ヤングリンゴ・スターロッド・スチュワート、クラプトン、リトル・リチャード、ドン・ヘンリークリス・クリストファーソン、デラニー・ブラムレット、マール・ハガード、ウィリー・ネルスン、ジョージ・ジョーンズ、トビー・キース、キッド・ロック。。ああ疲れた。とにかく同世代からチルドレン世代さらに新世代までジェリー・リーをルーツとする男たちが大結集。この一枚でロックの歴史を語れる顔ぶれ。鍵盤を叩くアクションがジェリー・リーなエルトン・ジョンはなぜか参加していませんが。

全21曲、66分お腹一杯ですが、ハイライトを幾つか。まず、冒頭M-1”Rock And Roll”は言わずと知れたツェッペリンの名曲をロックンロールアレンジで。イントロのペイジ自身のギターが熱い。それにしてもペイジってどうして後年衰えてしまったのだろう。M-3”Pink Cadillac”では、ロックの殿堂ライブで共演していたスプリングスティーンががなりたてる。ザ・バンドのA-6”Twilight”ではロビーのすすり泣くギターが久々に。さらにCCRの”Travelin’ Band”ではフォガティ自身の取るボーカルが最高!!一番現役感あります。ジェリー・リーも負けてはおらずかなり熱い仕上り。さらにM-9”Sweet Little Sixteen”は”サーフィンUSA”の原曲となったチャック・ベリー曲。リンゴ・スターがヌボーと歌うがドラムスはジム・ケルトナー。カール・パーキンスとのロカビリーセッションの如くリンゴに叩いて欲しかった気も。M-17ではビートルズの”I Saw Her Standing There”をリトル・リチャードと共に。リチャードのボーカルをもう少しフィーチャーしても良かったかも。キッドロックとM-11”Honky Tonk Woman”もロックンロールアレンジでなかなか。ストーンズのメンバーもそう言えばM-4、M-8に参加している。取り上げはしなかったがカントリーものも沁みました。

「ロックンロール」は「揺らす」と言う意味。セックスを表すスラングだ。若者の性衝動がとりわけ戦後ポピュラー音楽の源泉であることは言うまでもないわけだが、ジェリー・リー自身も13歳未成年の従兄妹と結婚するスキャンダルで叩かれたお盛んな人物。老いてなお。兎に角、元気でいればいいこともあるんですナ。