いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Ricci Martin

markrock2006-10-22

/ Beached ( MHCP 1149 / 1977 )


久しぶりに良い再発シリーズ。ここの所ソニー・ミュージック・ダイレクトからゴールドブライアーズにロバート・ジョン、バッキンガムス、スコット・マッケンジー等ナドの名盤が続々紙ジャケCD化している。ポール・ウィリアムスの『A Little On A Wind Side』やパメラ・ポランドなんて渋い所まで。

今回ここで取り上げるのはビーチボーイズの故カール・ウィルソンとビリー・ヒンチ(ex.ディノ・ディシ&ビリー)がプロデュースした、リッキー・マーティンの隠れ名ボーカル盤。と言ってもラテンの貴公子ではなく、名ボーカリストディーン・マーティンの息子。ディノ・ディシ&ビリーのディノの弟でもある。カリフォルニアの芸能一家コネクションですな。そう言えばイクイノックスから出たジャック・ジョーンズ盤もそうでしたが、ショウビズ界の王道ボーカリストビーチボーイズファミリーの相性は抜群だと思う。まあ今となってはビーチボーイズアメリカ芸能の王道と言える位置にいるわけだし、共有しているものは同じなのか。

M-4”Everybody Knows My Name”をカールと共作している他はリッキーの自作というのもオドロキの楽曲の良さ。M-1”Stop Look Around”から涙を誘うピアノの音色が。コレが聴きたかったんだよ、という70年代ビーチボーイズなエコー感でカールのコーラスも夢心地。かなりの名バラードだ(M-12のシングルヴァージョンも必聴)。Bメロはランディ・グッドラム作でアン・マレーが歌って大ヒットした”You Needed Me”を彷彿とさせる。”I Write The Songs”なんかと続けて聴きたいです。M-2”Moonbeams”はラスカルズで言うところのグルーヴィンな感じの長閑でトロピカルな一曲。ギターソロもいい。あとはカールが歌っているようにも聴こえるバラードのM-5”Streets Of Love”、ジミー・ウェッブかのような粘りつくメロが心地良いM-6”Spark Of Me”などが心に残った。殆どが自らの恋愛や過ぎ去りしスクールデイズを歌うラブバラード。とは言えリッチな2世遊び人の道楽レコードとは言えない完成度。カールの名ソロ盤にも聴ける明るさの中にある悲しさが魅力。シカゴのピーター・セテラアメリカのジェリー・ベックリーがコーラス参加、ヴァン・ダイク・パークスもシンセで貢献している。もちろんビーチボーイズからデニスとリッキー・ファターも(ドラムス)。ところでシカゴとビーチボーイズは”Beachicago(ビーチカゴ)”ではかつてジョイントツアーを演っていた。