いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Marshall Crenshaw

markrock2006-07-18

/ Greatest Hits Acoustic ( BMG 46893 / 2002 )


ビートルズに影響を受けたビートルもどきの音は、メロディやコード進行を単になぞったようなものが多く、余程の愛が感じられない限り聴くに耐えないものだ。しかし、ビートルズも感化されていた、"ロック紀元前"の音楽にも等しく感化されたマーシャルの音楽は、生きた時代は異なれど、ビートルズが作り出したロック/ポップのマスターピースと等しい価値があると感じることがある。愛があるのはもちろんだが、彼特有の甘酸っぱいメロディが書けていて、ビートルズにもこんな曲は作れないなと思わせられるものが少なくない。

ブライアン・ウィルソンのバンドメンバー(カール役)としてすっかり御馴染みのふとっちょジェフリー・フォスケットが尊敬するソングライターとして挙げていたマーシャルクレンショウ。彼の音楽の実力に参ったのは、オリジナルアルバムではなく、アコースティックライブ集。海賊盤の如き粗悪なジャケットの盤だが、内容は実に素晴らしい。バンドサウンドを狂うことなくギター一本で表現し、歌う生の迫力に、レコーディングに執着するポップスマニアだろうというある種の偏見は吹き飛んだ。何より、メロディの美しさ!そこからオリジナルアルバムの魅力に気づいたというのは少々ひねくれていたかもしれない。

“Beatlemania”でジョン役を演じ、バディ・ホリーを模した風体でデビューを果たした彼の1stからは、ヒットしたM-1”Someday Someway”、M-3”Cynical Girl”、そして、一生でこんな素晴らしい曲を書けたら死んでもいいという位のM-9”There She Goes Again”が歌われている。ちなみにそのデビュー盤には、ビートルズの1枚目がそうであったように、アーサー・アレキサンダーの楽曲が一つ収められていた(”Soldier Of Love”)。1stのプロデュースはリチャード・ゴッティラー。彼の手がけたロバート・ゴードン盤でも”Someday Someway”はヒットした。1979年に録音され、1982年にシングルカットされたM-2”You’re My Favorite Waste Of Time ”も最高。さらに、2ndからはビル・ティーリーとの共作M-5”Whenever You’re On My Mind”がごきげんな仕上がり。リフも含めて弾き語っている。

もちろんこの盤、聴き始めとしては邪道かもしれない。オリジナル音源も必聴だ。ファーストはもちろんだが、入門編としてはライノからのベストがベスト(?)。