いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

markrock2006-03-26

さらに遡ると、今月は定期的に巡回している吉祥寺のチェーンCでも幾つか拾った。ココの店長さんは私の大学の先輩にあたるらしい。70年代邦楽の廃盤CDで当たりが多い店で、既に持っているし買わなかったが小坂忠とフォージョーハーフ『もっともっと』が2600円くらいで転がっていたりする。尤もサンプル盤ではあるが。

このチェーンも100円〜500円盤に魅力が。特に池袋のCはダブったレコは安くなっており、Chip Taylorの70年代佳作あたりなら300〜500円位だろうか。80年代のレコでも美品が揃っている。またいかなる安レコにも分厚い外袋がついてくるのも太っ腹で好感触。ということで久々に覗くと、未開拓と思われていた日本のシティポップ盤にちゃんとした値がついていてガッカリ。山本コウタローのLA録音盤など昔なら100円箱に転がっていたのに1500円位のいい値がついていたりして、店も知識武装し始めたなとスタッフを睨みかえしてみる。まあ諦めて安レコ箱を漁るとGordon Lightfootの『If You Could Read My Mind』(Warner /1971 )を300円で発見。言わずもがなカナダの大御所SSWで、全て彼の曲で埋め尽くしたアルバムを作ったTony Riceなどブルーグラスプレイヤーにも好まれる作風。ディランでさえも敬意を表している。これ、気づかなかったがバーバンク一派の作品なのですね。Randy Newman、Van Dyke Parks、John Sebastian、Nick DeCaroRy Cooderとまあスゴイ顔触れでなぜ買い逃していたのかと不思議に思う。さらに売れたファミリーもの『The Partridge Family Notebook』(Bell /1972)を100円で。盤は汚いが前の持ち主は何べんも聴いたんだろうなと思いを馳せる。Wes Farrel、Danny Janssen、Bobby Hart、Tony Romeo、Barry Mann-Cynthia Weil、Austin Roberts、Cymbal&Clingerとまあ作家陣は非のうちどころナシ。さらにJan & Deanの再結成盤と思しき『Gotta Take That One Last Ride』を400円で発見し2枚組でかさばるとはいえ意気揚々抱えこむが、帰宅して、Mike Loveも参加した80年代の盤ではないことを知り、激しく萎える。CDで持っているものと重複した寄せ集めベストであった上にカビのヤツめが酷く、二度萎える。あとはMac McAnallyのAriolaからの1stも500円位であってなんだか買ってあげたくもなったが既に持ってもいるしやめる。さらにCDではキーボード主体の音作りが現在も新鮮に聴こえるDeacon Blueのベスト盤『Our Town The Greatest Hits』(1994)が300円とお買い得なのですかさず。名盤『Raintown』のみ持っていたのだが、バカラックナンバーなども良く、当たり。そして邦楽ではGAROの”学生街”入りの『GARO2』のサンプルCDが500円だったのは儲けモノ。これでレコは出さずに済む。

立ち寄る頻度で言えば一番であろうチェーンD・Uは入れ替わりが早くウレシイ限りだがこの日は割と不発。と言っても女性フォークSSWであるRaun MacKinnonの『RAUN Is Her Name!』( Kapp KS-3556 / )を720円で。思ったほどカラッとした作りではなかったが悪くない。さらに気分でしかないがTony Orland & Dawnの『The Definitive Collection』なるベスト盤を560円で購入。98年のリマスターということだが、音にまで拘って聞く代物でもない。良く考えてみるとBarry Mann曲をレコーディングしているアイドル歌手時代のTony Orlandのレコから入手したのは時代順とはいえ順当ではなかったかもしれない。帰りには全国展開の古本チェーンBで250円棚を漁り、パブロックChas’n’Daveの見慣れないベスト盤なんかを拾うが、このチェーンは風情もヘッタクレもないので、省略。(つづく)