いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]週刊ダイヤモンド2020年12月5日号の佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー 知を磨く読書第372回 に『哲学するタネ 高校倫理が教える70章【西洋思想編①】』が取り上げられました。
f:id:markrock:20210318094556j:image

[NEW!!]「読者たちの夜会」(2021/1/14 LOFT9渋谷) 2020ベストビブリオバトル にて、哲学芸人マザーテラサワさんが『哲学するタネ―高校倫理が教える70章【西洋思想編1・2】』を取り上げてくれました。
f:id:markrock:20210318093652j:image

[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
f:id:markrock:20210704101636j:image

[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image

honto西洋哲学 1位・2位に2冊同時にランクインしました(2020/10/25付)

【書評掲載】
週刊ダイヤモンド2020年12月5日号 佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー「知を磨く読書 第372回」

2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20210704102831j:image

ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
f:id:markrock:20210704102254j:image
「halfway to a hosono house?」 ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ 「x-bijin」、ほぼ宅録による初のアルバムは、甘美なペダルスティールにのせてダニ エルが滑らかなボーカルで歌いこなす桃源郷ポップス。遠藤賢司に捧げた「グレープ フルーツ」からして初期松本隆を思わせる日本語の美しさが際立つのはなぜだろう? はっぴいえんどとポール(・マッカートニー)が産み落としたタネは、ジム(・オルーク )と出会ったペンシルヴァニアで果実となり、多摩産シティ・ポップのフレッシュジュ ースに姿を変えて、甘酸っぱい喉ごしと共に僕たちの前にある。(いしうらまさゆき)
詳細はココをクリック

11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20210704102608j:image

編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」

極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイドに掲載されました】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

markrock2006-03-25

ここの所忙しさの余り、などと言うともっと忙しい方に失礼だが、全くブログに手付かずの毎日だった。(巡回ブログは拝見しておりましたが)しかも運悪く風邪までも発症。とはいえレコ買いはそんな時ほど過熱するもの。以前は仕事中にこっそりレコ漁りなどをしたこともあるが、帰ってからレコの隠し場所に困るので(コインロッカーも使えない貧乏性ゆえ)、レコ屋は休日や早く帰った時に限られるが、今はヤフオクやらアマゾンやらでペペッとワンクリックで買えてしまうのでまた性質が悪いのである。


最近の入手盤は色々あるが、積まれていくばかりもなんなので、記していくことにしよう。さてまさに最新の入手盤は本日朝から所用で外出した折に立ち寄った高田馬場の名店D。ここは高校時代から大学の頃まで通いつめていた店で、基本的にはジャズ・クラシックの専門店。小さい店舗だが客足は途絶えない。その理由は極めて良心的な価格にある。 ロック、SSW、ソウル、歌謡曲、日本のロック・フォークなど専門外分野の値付けは基本的にいい加減なのがウレシイ。いつもの如く500円前後を狙うが、早速フォークの重鎮Bob Gibsonのフォークロック勢大挙参加の名作『Bob Gibson』(Capitol 742 /1971)を600円で発見。全くもって有り得ない価格に驚かされ、レジのおばさんをチラッと横目に脇に抱え込む、といっても盗むわけではなく買うのだが。Roger McGuinn、Chris Hillman、David CrosbyというThe Byrdsのメンバーに加え、Sneeky Pete、Denny Doherty、Cyrus Faryar、Bernie Leadon、Spanky McFarland、Rick Roberts、Mike Deasy、そしてコンビを組んでいたHamilton Campも参加していて、ディランの曲も演っている名作。さらに、Motownの白人SSW、Stephen Cohnの『Stephen Cohn』(Motown 789 / 1973 )も買い逃していたからと600円で入手。追いかけているロマンティックSSW、Stephen Bishopのデビュー前でのコーラス参加も気になる一枚だったが、針を下ろしてみると、プリプリしたアコギのカッティングが薄く入る辺り相当ツボに嵌る一枚だった。A-2では名ドラマーJim Gordonがクラヴィネットを弾いていて器用なところを見せてくれている。Rosalie Sorrelsのウッドストック名作ナドナドも800円辺りで置いてあり悔しい思い。Martin Mullの見たことも無いアルバムが5枚ほどあったのでおそらくSSWものをドンと売った人がいたのだろう。Aztec Two Stepなんかも2nd、3rdと1200円ほどであるが、手が出ない。あとは、CDでの入手も容易だがRichie Havensがりりしくメガネを掛けたデビュー盤『Mixed Bag』(MGM4698 / 1967)を400円で発見。MGMにおける再発盤だが、「ウッドストックで話題の”Handsome Johnny”が入ってる!」といった風なコピーも印刷されていて、ジャケのスレにも実に味わいがある名盤。さらに400円盤では女性ソウル歌手Maxine Weldonの『Some Singin’』(Monument KZ32588 / 1974)が泣きのカントリーソウル名盤で大当たり!Kris Kristoffersonの賛辞が載っていて興味をひかれたが、そのKrisの曲はじめ、Leon Russellの大名曲”A Song For You”(大好きなRay Charlesのヴァージョンに匹敵する良さだった)、さらにElvisも演っていたJTの”Steamroller Blues”やTom Jansの名バラード”Loving Arms”、そしてRob GalbraithやBob Morrisonの曲もしっかり入っていてタマラない。他にも2作あるようだが、探してみようと思う。この店、通っていた学生の頃は10円〜100円の箱が店外に沢山置いてあって、吉田拓郎の1979年のライブボックスだろうとなんだろうと容赦なく50円やら100円なんて値がついていて、金に困った時分、何百枚買ったかわからない。ただし“⑩”といった風にジャケの隅に値段がマジック描きされているのが実にいただけなかった。売るにも売れないし。(つづく)