いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Bread & Butter

markrock2006-03-05

/ Shonan Boys for the young and the young-at heart ( Victor / Aosis 69202 / 2005 )


ティンパンアレイ系人脈参加の大名作『Barbecue』(山下達郎もカバーした「ピンク・シャドウ」など収録)をはじめとした70年代の諸作に加え、まさに湘南サウンドというアルファからの旧作もCD化されて、今までにない大充実のカタログ量にビックリしてしまうブレバタ。小室等なんかと同世代と言う実に芸歴の古い人たちだが、演っている音楽はいつの時代も潮風のように実に心地良い。薄いハーモニーの声質が特にアクースティック作品と相性バッチリ。タイガース解散後の岸辺シローと組んだシロー、ブレッド&バター『ムーンライト』(1972)もCS&Nタイプの好作だし、他のアルバムにもハズレはない。1989年にはジョンセバやJTが参加したPeter Gallwayプロデュース作『ミッシング・リンク』なんてのもあった(The Fifth Avenue Bandの再結成作を思い浮かべても判る通りデジタルなタッチだったが)。

で、この最新作は過去楽曲の一発録りセルフカバー、ということもあって素晴らしい出来(プロデュース・アレンジは新川博)。近年のライブと同様の感触だ(私も一度生ブレバタを味わったことがあるが、年齢など全く感じさせない、肩の力を抜いたライフスタイルが伝わるとても良い演奏だった。)一曲目から実に気持ちいいM-1”Happier Than The Morning Sun”、はブレバタとは関わりの深いStevie Wonderの名曲。B.J.Thomasのカバーもすごく良かった。Stevieとブレバタの交流は1973年の海外レコーディング作『Images』に遡る。Stevieでは最も知られている名曲”I Just Called to Say I Love You”が元々ブレバタへの提供曲だった、と言うエピソードは有名。余りにいい曲だったので作者自らレコーディングし、しかもヒットさせてしまい、その代わりにM-11”Remember My Love”を改めて書き送っている。まあでもこれはこれでいい曲だ。ある意味ブレバタらしい。その他、全体的にアルファでのシティポップス盤からの曲が多い印象。例えばM-3”渚に行こう”やThe Beach Boys風なM-4”Shonan Girl”、A-6”Hotel Pacific”(念のため”サザン”より先。ユーミンの詞ですね)なんかもそうだし、ユーミン詞曲のM-5”あの頃のまま”もそうだ。M-5”あの頃のまま”はしばしばテレビなどでも披露しているが、ニ弓氏のギターとピアノでハモる簡素なアレンジが本当に泣ける。何度か再演している初期の名作M-12”マリエ”も瑞々しさを失っていない。さて最後に、Cafe Shonan Boysでのライブを収録したBonus Trackがまた見逃せない。特にM-15”Pink Shadow”はムッシュかまやつから”ゴロワーズ”が生まれたのと同様、奇跡の一曲と呼びたい。詞・曲のスムースなマッチングはいつ聴いてもバッチリだ。そういえば岩沢ニ弓のソロアルバム『Fuyumi』(1997年)を聴いた時、”Issai-Gassai”でラップを演っていて、まだやれてるなー、となんだか感心したものだが、彼らファンキーなアプローチにも抵抗がないのだとつくづく思う。

そうえいばデビュー初期の、”傷だらけの軽井沢”はじめ筒美京平−橋本淳コンビの楽曲はかなりセンスが良い。(1996年のベスト盤に収録された新録でその黄金コンビと邂逅した)カタログが揃ってきた今こそ改めてアタマから聴き返す時期ではないだろうか。