いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Arthur Alexander

markrock2006-01-10

/ Lonely Just Like Me (Elektra Nonesuch 61475 / 1993)


最近改めて聴いているArthur Alexander。疲れた心に染みこんでくる人懐っこいボーカルは、良く考えてみると唯一無二である。なんてことのないコード進行でもArthurの手にかかるとオリジナリティが生まれる。取り立てて表に出てこない人なので、ポピュラー音楽の歴史には埋もれがちだが、The BeatlesのデビューLPで”Anna”を歌っていたJohn Lennonはじめ、多くのミュージシャンに愛された、ミュージシャンズミュージシャンだった。(ちなみにMarshall CrenshawがThe Beatlesに感化されたデビュー作で、Arthurの”Soldier Of Love”を歌っているのが微笑ましい) このコラムで取り上げるのなら、名曲”Rainbow Road”やElvisよりも前にDennis Linde作”Burning Love”を披露していた1972年のWarner盤が相応しいとも思ったが、本盤の方が、マッスルショールズ・ナッシュビルの腕利き達による演奏の温かい感触が、Arthurの長い年月を経て幾分しわがれた歌声を心地よく盛り立てていて、彼のキャリアにおけるマスターピースとなり得ていると感じられる。本盤は1991年のNYはボトムラインでのパフォーマンスをきっかけとして音楽活動を復活させたArthurの新旧織り交ぜた復帰作、であり遺作でもある。ところで1993年前後は、日本でも海外でも、Jimmy Webbの新作はじめ、Art Garfunkelの(準)新作などの往年のスターたちによる忘れられない復帰作が多く発売されていた。久々の制作に並々ならぬ力が入ったためか、長年の愛聴に耐える作品が多いから不思議だ。

M-1のカントリバラード”If It’s Really Got To Be This Way”はDonnie Fritts、Gary Nicholsonとの共作でのっけから信じられない名曲。Reggie Youngのリードがノスタルジーを強調するが、嫌味はない。Arthurのマイナーコードでの泣き節がとても良い。新作のリリース直後に亡くなった彼のトリビュート作”Adios Amigo :A Tribute To Arthur Alexander(Razor & Tie 2814 / 1994)”は本作と並べて聴きたい名作だが、そこではRobert PlantがArthur節を再現すべく歌っていた。しかしながら、世紀のロックボーカリストでもなかなかこの味を出すのは難しいものだと感じられる。その他1963年のシングルM-2”Go Home Girl”、デビューシングルでもあり、Bob Dylanがとっちらかっているが悪くないアルバム”Down In The Groove”でカバーしていたM-3”Sally Sue Brown”、72年盤にも再録していたA-7”In The Middle Of It All”等などの旧作を、Dan PennにSpooner Oldhamそして曲によってはDonnie Frittsを従え心を込めて歌っている。A-6”Every Day I Have To Cry”は1975年にシングルのみでリリースされ45位のヒットを記録したものだが、オリジナルとともに実にいい仕上がり。3コードにマイナーコードを挟むだけでもこんなに豊かな表現ができるものなのだと再認識させられる。蔵出しのA-8”Genie In The Jug”は、S.Oldhamとの共作で、ブルージーな部分とArthurの泣き節をうまく織り交ぜた出来の良い曲。A-10”All The Time”はドゥドゥルリドゥというハミングに乗ったThomas Cainのオルガンがいい。そのThomas Cainと共作したラストM-12”I Believe In Miracles”はコンテンポラリーな仕上がりだが、神に祈る彼の歌声で爽やかな感動に包まれる。

とここまで聴くと、過去の1960年代初頭の自身のヒット曲にも耳を傾けてみたくなってくる。John Lennonも痺れた”Anna”(ちなみに”With The Beatles”収録の”All I’ve Got To Do”はArthurを下敷きにして作られたと思われる。)に、The Rolling Stonesがカバーした ”You Better Move On”、Barry Mann-Cynthia Weil作の名曲で、大滝詠一流ボップスの定石集である『ロング・バケイション』収録の”恋するカレン”の下敷きとなった”Where Have You Been”などなど。”Where Have You Been”はハンブルク時代のThe Beatlesの持ち歌でもあった。大滝で思い出したが、1980年前後は世界的に見てもNick LoweやMarshall Crenshawのような戦後のポップスオタク世代が、クリアで精緻なアメリカンポップスを憧れたっぷりに披露していた。90年代に60〜70年代回帰がなされたのと同じだろう。

93年作の本盤のジャケットはバスの前で手を合わせて微笑むArthurの写真。音楽活動を本格的に再開するまではバスの運転手をしていたという。いずれにしても白と黒の境界を曖昧にしてくれるArthurの歌声がもう聴けないのはなんとも悲しい。