いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Joan Baez

markrock2005-03-29

/ Gulf Winds (A&M 4603 /1976)


SSWとしてのJoan Baezのレコードを1枚挙げるならば、シングル中心の60年代前半における神々しいフォーク時代のもの ―そもそも著作権といった商業的概念の対極にあった「フォーク」は、しばしば拝借したトラディショナルのメロディに別の詩を乗せたりし、楽曲が個人の所有物である、という観念から常に自由だった― というよりも、A&Mにおける75年の名作Diamonds& Rustを推したい。本作はそのDiamonds&Rust に次ぐオリジナルアルバムで、Blowin’ Awayの前作にあたり、本作を最後に彼女はA&Mを離れた。プロデュースは前作も手がけていたDavid Kershenbaumなのだが、本作はDean Parks、Duck Dunn、Larry Knechtel、Jim Gordonという布陣を活かしきれていない装飾過多なポップ盤。Gallager& Lyleをはじめアクースティックな音作りに才能を発揮したDavid Kershenbaumが手がけたとは思えない。プロテストフォークの女王と謳われた才能も、過剰なバッキングの前には凡庸な歌手に成り下がってしまうという好例、と言い切りたいところだが、B-4の長編タイトル曲”Gulf Winds”だけは素晴らしい弾き語りの一品。そういえば、The Bandのカバー”The Night They Drove Old Dixie Down ”も同1976年にTV番組Midnight Specialで演じた弾き語りが一番素晴らしかった。Martin 0-45を携えて。