いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Susan Pillsbury

markrock2005-03-23

(Sweet Fortune 804 /1973)


これは非常に優れたSSWであることが一聴してわかるが、残念ながらこの1枚でミュージックシーンから姿を消している。古びたカントリーハウスに座り佇むウェスタンハットの女性。彼女の紡ぎ出す楽曲は同時代の女性SSWと比較したくなるが、よく聴くにつれ他とは全く似た所が無いことがわかる。時に儚げに、時にけだるく、甲高い歌声がゆっくりと空気を撫でていく。バックの控えめな演奏も実にツボを心得ていると言えよう。インパクトで言えばやはり冒頭の"Brown Eyes"か。アクースティックギター、生々しいドラムス、ベースに続く切なくけだるい歌声に、旧いジャズを思わせるサックスが絡むサビは正に絶品。プロデューサーはジャズ/ポピュラー系で多くの作品を残すMike Bernikerであるところからすると、カントリー風情にノスタルジックなポピュラーっぽさを滑り込ませるあたりはお手のものか。トラッド風のA-3"Highway"での、モノクロの写真の背後から聴こえるギターの音色もなかなか。B-1"I Thought I Knew The Answers"も濃密なSSW世界が楽しめるが、ソウル風味も加味されており注目。やはり生々しく刻まれるドラムスに耳がいく。