いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)のライナーノーツ寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20221230235618j:image

Phil Felice / Safe or Sorry


下記のAlan O'dayへのインタビューによれば、このシングルによって、駆け出しであった彼は初めて世に名前を出すことになったようだ。そうした記念すべき一枚だが、ソングライターとして音楽出版社に所属していた彼とPhil Feliceは面識すらなかったようで、ロックンロール風のこの習作に、彼独自の作風を発見することは難しい。ただし、7thに乗せても決して暑くならない薄口のロックンロールは、後のヒットソング−"Angie Baby"や"Undercover Angel"−を生んだ彼ならではと思えなくも無い。ちなみに彼は山下達郎の共作者として日本では馴染み深い。

http://www.classicbands.com/AlanODayInterview.html