いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

坂本九 / ターニング・ポイント(東芝EMI / 1975)

markrock2018-12-15


発想が斬新だと感じたレコード。坂本九にリアルタイムの日本のフォーク・ヒットを、アメリカのカントリー・ミュージシャンをバックに歌わせる、という。編曲のクリフ・ロバートソンは俳優とは別人でパット・ブーンなんかを手がけた人らしい。選ばれているのが井上陽水”心もよう(Shadow of your mind)”、マイペース”東京(Tokyo)”、風”22才の別れ(Good bye 22)”、かぐや姫神田川(Kanda gawa)”、ビリー・バンバン"やさしい雨(Rain, sweet rain)"なんていう、九ちゃんスタイルにそぐわないそうな(笑)楽曲ばかりで。ただ、意外と発見はあって、マイペース”東京”はディキシーランド・ジャズ風にアレンジされていて。確かにマイナーのシャッフルだからアメリカ人にはディキシーっぽく聴こえたのかも。明るい悲しみになっているのが九ちゃん節。結構ハマっているのは洋楽的センスを持った楽曲。五輪真弓の”ミスター・クラウディ・スカイ”とか、チューリップの”心の旅(Thinking of trip)”は素晴らしい。かぐや姫の”うちのお父さん(My father)”がまさかのレゲエ・ファンク化されている。井上陽水”氷の世界(Very cold day)”も結構ファンキー。ザ・ブロードサイド・フォーの"若者たち"はモダン・フォークだけれど、女性コーラスを交えたカントリー・バラードに変身。


そもそもラスヴェガスのミュージック・エキスポ’75に出展する目的で作られたんだとか。60年代アメリカン・ポップスのリヴァイヴァルとも連動させつつ、スキヤキソングの栄光があるキュウ・サカモトに日本のヒットをいっちょ売り出してもらおう、という魂胆。イーストで1972年に米キャピトルからデビューした吉川忠英の”悲しい歌は唄わない(I never sing a sad song)”が入っているのもそういうわけだろう。


昭和天皇の訪米に合わせてアメリカでシングルリリースされたのが”Elimo”。吉田拓郎・森進一の”襟裳岬”ですね。AメロとBメロは堂の入った英語、サビだけ日本語。カッコいいコーラスが入る中、“えりィーもの”ってのが完璧にズッコケますが、無論最高です。