いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]週刊ダイヤモンド2020年12月5日号の佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー 知を磨く読書第372回 に『哲学するタネ 高校倫理が教える70章【西洋思想編①】』が取り上げられました。
f:id:markrock:20210318094554j:image

[NEW!!]「読者たちの夜会」(2021/1/14 LOFT9渋谷) 2020ベストビブリオバトル にて、哲学芸人マザーテラサワさんが『哲学するタネ―高校倫理が教える70章【西洋思想編1・2】』を取り上げてくれました。
f:id:markrock:20210318093652j:image

[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
f:id:markrock:20201220114218j:image

[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image

honto西洋哲学 1位・2位に2冊同時にランクインしました(2020/10/25付)

【書評掲載】
週刊ダイヤモンド2020年12月5日号 佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー「知を磨く読書 第372回」

2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image

ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
f:id:markrock:20210318102719j:image
「halfway to a hosono house?」 ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ 「x-bijin」、ほぼ宅録による初のアルバムは、甘美なペダルスティールにのせてダニ エルが滑らかなボーカルで歌いこなす桃源郷ポップス。遠藤賢司に捧げた「グレープ フルーツ」からして初期松本隆を思わせる日本語の美しさが際立つのはなぜだろう? はっぴいえんどとポール(・マッカートニー)が産み落としたタネは、ジム(・オルーク )と出会ったペンシルヴァニアで果実となり、多摩産シティ・ポップのフレッシュジュ ースに姿を変えて、甘酸っぱい喉ごしと共に僕たちの前にある。(いしうらまさゆき)
詳細はココをクリック

11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image

編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」

極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイドに掲載されました】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

加奈崎芳太郎 公式有料動画サイトがオープン!

*[コラム] 加奈崎芳太郎 公式有料動画サイトがオープン! 加奈崎芳太郎の公式動画サイト NONSTOP GIG では無料動画を公開していましたが、このたび有料動画サイトが満を持してオープンしました! https://www.kanazaki-gig.com 1990年代の伝説の渋谷ジァンジ…

Wings / Same

*['60-'70 ロック] Wings / Same (Dunhill /1968) 毎日地獄のような暑さですね…マスクが暑さに拍車をかけて。加山雄三さんが倒れたというニュース、心配です。たまたま持っていない加山さんのレコードを改めて集めていたところだったので驚いた。今日もレコ…

Mae West / Great Balls Of Fire

*[ボーカル] Mae West / Great Balls Of Fire (MGM / 1972) ハリウッド往年のセックス・シンボルだったメイ・ウェスト。ビートルズのサージェントペパーズの左上から3番目に映っているのがメイその人。ビートルズのメンバーは4人ともメイ・ウェストのファン…

PIZZICATO ONE / 前夜 ピチカート・ワン・イン・パースン

*[日本のフォーク・ロック] PIZZICATO ONE / 前夜 ピチカート・ワン・イン・パースン (Verve / 2020) いつか聴いてみたいと思った夢が叶ったシンガー・ソングライター自演盤。ピチカート・ファイヴの小西康陽のソロ・プロジェクトであるピチカート・ワン(PI…

Luther Allison / Luther’s Blues

*[ブルーズ] Luther Allison / Luther’s Blues (Motown/Gordy / 1974 ) ブルーな時ほど沁みますね…憂さが晴れると言いますか。ブルーズは憂さ晴らしだと改めて思いつつ大音量で聴いている。ブルーズって言うと、オリジナル盤はむちゃくちゃ高くて、ジャケが…

『URCレコード読本』が出ました!

*[コラム] 『URCレコード読本』が出ました! コロナで発売予定日が後ろ倒しされたりもしましたが、『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)が7月31日に発売となりました。後世に残したいURCの50曲(なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」、加…

フーテナニーってナニ?

*[コラム] フーテナニーってナニ? 「HOOT」は「フーテナニー」の意でフォーク・エラによく使われた言葉。アバのメンバーになるビョルン・ウルヴァースがスウェーデンで作ったフォーク・グループはフーテナニー・シンガーズだったけれど、これは流行語をその…

Spyder Turner / Stand By Me

*[ソウル] Spyder Turner / Stand By Me ( MGM / 1968 ) 昨日買ったレコで、一番はじめに聴き始めてみた。デトロイトで育ったソウル・シンガー、スパイダー・ターナーの代表作『Stand By Me』。本名はドワイト・D・ターナーで、スパイダーは彼につけられたニ…

長谷川博一さんの本『追憶の泰安洋行』

*[コラム] 長谷川博一さんの本『追憶の泰安洋行』 連載を胸躍らせながら読んでいたので、こんなに突然のお別れになってしまうとはいまだに信じることができない…音楽ライター、本物の音楽ジャーナリストだった長谷川博一さんのことだ。細野晴臣が1976年に残…

Booker T.Jones / The Runaway

*[ソウル] Booker T.Jones / The Runaway(MCA / 1989) 完全にスルーしていた盤。こんなの出てたっけ、という。A&Mからの『I Want You』の次作が1989年のコレ。そしてMGs1994年の再編作を挟んだその次のソロは20年後!2009年の『Potato Hole』。 ここのとこ…

Steve Gillette / Alone…Direct

*[フォーク] Steve Gillette / Alone…Direct (Sierra/Briar Records / 1979) 久々にレコ掘り屋の聖地・下北フラッシュ・ディスク・ランチへ。インスタでも通販を始めておられるのですが、やはりお店が一番!元古井戸・加奈崎さんの本もお渡しすることができ…

茂忠(しげちゅう/小坂忠・鈴木茂)/ まだ夢の途中

*[日本のフォーク・ロック] 茂忠(しげちゅう/小坂忠・鈴木茂)/ まだ夢の途中(Columbia / 2020) コロナの自粛期間中でしたか、フォローしている小坂忠さんのツイッターでこのリリースを知りまして。オンライン注文限定のCDシングルでサイン付という。し…

Ramsey Lewis / “Live” In Tokyo

*[ジャズ] Ramsey Lewis / “Live” In Tokyo( GLOBE / 1968 ) 釣りはクセになる。ほとんど最近は(レコードと)釣りのことばかり考えている。気づけばもう7月一週が終わる! 今日はラムゼイ・ルイスの『”LIVE” IN TOKYO』を。1968年サンケイ・ホールにおけ…

TOM & JERRY / HEY,SCHOOLGIRL / DANCIN’ WILD

*[45s] TOM & JERRY / HEY,SCHOOLGIRL / DANCIN’ WILD ( BIG RECORDS / 1957 ) S&G(サイモン&ガーファンクル)結成前のトム&ジェリー名義のシングル。これだけS&Gが好きなのに、なぜか手元にないことに気が付いた。そこで、カレン・ダルトンのバンジョ…

x-bijin(ohno tomokiとダニエル・クオン)

*[日本のフォーク・ロック] x-bijin / Same ( nitejar[ディスクユニオン] / 2020) 芽瑠璃堂トピックにも取り上げられていましたが(https://merurido.jp/topic.php?srcbnr=41101)、ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bi…

タツローさんからの贈り物

*[コラム] タツローさんからの贈り物 東京はいつもの賑わいが戻ってきている。しかし人手が戻ってくれば感染者も増える…ということで。これは当たり前かもな、と思う。社会的距離を保つ、ってな生活における人間の耐性の限度をとうに超えてしまったのだろう…

レコ屋のある日常

*[コラム] レコ屋のある日常 緊急事態宣言が全面解除に。それにしてもここまで、なかなかしんどい期間だった。経済と健康…保健大臣が目立った諸外国と比較すると日本は厚労大臣より経産大臣が指揮していたから、あくまでそっち優先だったという話になる。が…

ブックガイドで取り上げて頂けました

*[コラム] ブックガイドで取り上げて頂けました 斎藤哲也さんの新刊『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(NHK出版新書)、先ほど書店で見つけて手に取ったところ、私の『哲学するタネ【東洋思想編】—高校倫理が教える70章』を巻末ブ…

善竹(茂山)富太郎くんのこと

*[コラム] 善竹(茂山)富太郎くんのこと 高校そして大学の心理学科の同級生だった大蔵流狂言師の善竹(茂山)富太郎君がコロナで亡くなったと聞き、茫然としています。何と言葉にしてよいかわからないくらい、本当にショックです。一昨夜心理学科の時の友人…

Doug Dillard / Going Down / Poor Old Slave

*[45s] Doug Dillard / Going Down / Poor Old Slave( Warner / 1976 ) ハリー・ニルソン・プロデュースによる、ダグ・ディラードのUK限定シングル。アルバム未収録でシングル・オンリーと思われる。最後は散漫になり果てた結末からもわかるが、ニルソン関…

The Strangers / Land Of Music

*[45s] The Strangers / Land Of Music( kr / 1966 ) 前回のジェイムス・テイラーのいたフライングマシーンの写真にジェリー・バーナムが映っていた。彼が在籍していたフィフス・アヴェニュー・バンドの前身が、ピーター・ゴールウェイ、ケニー・アルトマ…

The Flying Machine / Night Owl / Brighten Your Night With My Day

*[45s] The Flying Machine / Night Owl / Brighten Your Night With My Day ( Rainy Day Records / 1967 ) 前回のジェイムス・テイラーをもう少し遡ってみよう。今回はジェイムスが結成したバンド、フライングマシーン(英のトニー・マコウレイ楽曲を歌った…

James Taylor / Carolina In My Mind / Something’s Wrong

*[45s] James Taylor / Carolina In My Mind / Something’s Wrong ( Apple / 1969 ) 2020年の新作『American Standard』、一日一回はリピートしている。今日の45回転はジェイムス・テイラー。フライングマシーン解散後の1968年にビートルズのアップルレコー…

Brooks Arthur / Mary’s Laugh Makes Me Cry / The Doll With The Broken Heart

*[45s] Brooks Arthur / Mary’s Laugh Makes Me Cry / The Doll With The Broken Heart ( Kapp / 1963 ) 「45s」なんていうタグをつけて、手に取った45回転シングル盤を聴いていこうかと。 これはブルックス・アーサーが1960~63年に3枚出しているシングルの…

どうにかなるさ

*[コラム] どうにかなるさ 皆様いかがお過ごしでしょうか。お元気でしたら何より…とうとう緊急事態宣言が全国へ。一昨日の会見を見ていたら、「この際」とかなんとか。一律10万円にしたから「この際」持ってけドロボー!みたいな話なのか。辿り着くまでのプ…

Jason Scheff / Here I Am

*[AOR] Jason Scheff / Here I Am ( Bassline Productions / 2019 ) このベタベタな盤を何気に最近よく聴いている。デビューから50年を超えたシカゴ、ピーター・セテラ脱退後の傀儡と謳われたジェイソン・シェフのリメイク・ソロ盤。シカゴのパワーバラー…

自粛の東京・高田渡を聴きながら

*[コラム] 自粛の東京・高田渡を聴きながら 何か時代の先行きがおかしいぞ、ってな嫌な予感はこんな風に進むものなのでしょうか。オリンピック問題と実は根っこが一緒だと思うけれど、コロナ禍が行きつくところまで行ってしまった。空気を読む日本人の場合、…

ボブ・ディランが歌う「Murder Most Foul」

*[コラム] ボブ・ディランが歌う「Murder Most Foul」 多くの人がお聴きになっているかと思いますが。3月27日に突然デジタル/ストリーミングで公開されたボブ・ディランの新曲(というか未発表曲)「Murder Most Foul」。トピカル・ソング(時事歌)の親玉…

3月21日はナイアガラの日

*[コラム] 3月21日はナイアガラの日 気付けば昨年から永井博づいていたという。シティポップ熱に載せられたのか…タワレコで見つけたファブリックパネルで冬でも夏気分という。niko and…の時計も、ね。そう、昨年ニルソンのニューアルバムが出て、大滝さんも……

Wenchin / Same

*['60-'70 ロック] Wenchin / Same(Buddha / 1975) 「ウェンチン」という東洋風味なアーティスト名。リリース元のブッダってのもカーマスートラだとか、ヒッピー世代の東洋趣味全開なネーミング・センスだったわけですが。こちらはバブルガム・ポップなア…