いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]週刊ダイヤモンド2020年12月5日号の佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー 知を磨く読書第372回 に『哲学するタネ 高校倫理が教える70章【西洋思想編①】』が取り上げられました。
f:id:markrock:20210318094556j:image

[NEW!!]「読者たちの夜会」(2021/1/14 LOFT9渋谷) 2020ベストビブリオバトル にて、哲学芸人マザーテラサワさんが『哲学するタネ―高校倫理が教える70章【西洋思想編1・2】』を取り上げてくれました。
f:id:markrock:20210318093652j:image

[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
f:id:markrock:20210704101636j:image

[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image

honto西洋哲学 1位・2位に2冊同時にランクインしました(2020/10/25付)

【書評掲載】
週刊ダイヤモンド2020年12月5日号 佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー「知を磨く読書 第372回」

2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20210704102831j:image

ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
f:id:markrock:20210704102254j:image
「halfway to a hosono house?」 ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ 「x-bijin」、ほぼ宅録による初のアルバムは、甘美なペダルスティールにのせてダニ エルが滑らかなボーカルで歌いこなす桃源郷ポップス。遠藤賢司に捧げた「グレープ フルーツ」からして初期松本隆を思わせる日本語の美しさが際立つのはなぜだろう? はっぴいえんどとポール(・マッカートニー)が産み落としたタネは、ジム(・オルーク )と出会ったペンシルヴァニアで果実となり、多摩産シティ・ポップのフレッシュジュ ースに姿を変えて、甘酸っぱい喉ごしと共に僕たちの前にある。(いしうらまさゆき)
詳細はココをクリック

11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20210704102608j:image

編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」

極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイドに掲載されました】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Essra Mohawk / E-Turn

*[SSW] Essra Mohawk / E-Turn(Eclipse / 1985) エスラ・モホーク…本名サンドラ・ハーヴィッツ、といえば、女性シンガーソングライターの中でも個性派の部類に属するだろう。フランク・ザッパと活動を共にした時期もあったりと、当時の行き当たりばった…

ザ・バッド・ボーイズ  /  僕と踊ろう アイツのせい

*[日本のフォーク・ロック] ザ・バッド・ボーイズ / 僕と踊ろう アイツのせい(東芝 / 1975) 2週間ほど前ですか、6月12日にレコードストアデイがありまして。これは店舗限定発売のレアなレコードを求めて、世界のヴァイナルジャンキー達が狙いのブツだけを…

B.J.Thomas / The Living Room Sessions

*[ボーカル] B.J.Thomas / The Living Room Sessions (wrinkled / 2013) 愛しのB.J.トーマスも先月亡くなられて…YouTubeで闘病カミングアウトというのを観ていたから、何だか余計につらい気持ちになってしまった。グレン・キャンベルとBJ、ソングライターで…

寺内タケシとブルー・ジーンズ / レッツ・ゴー・エレキ節

*[日本のフォーク・ロック] 寺内タケシとブルー・ジーンズ / レッツ・ゴー・エレキ節(KING / 1965) 訃報が続きますね、エレキギターの神様・寺内タケシも…小林亜星→寺内貫太郎一家→寺内タケシ、と頭の中でつながってしまう。82歳でらっしゃったとのこと、…

小林亜星 / 絵のない絵本

*[日本のフォーク・ロック] 小林亜星 / 絵のない絵本(Warner / 1976) 小林亜星さんが亡くなったとのこと。88歳ですから、大往生と言ってもいいのではないだろうか。「この木なんの木」でタッグを組んだ伊藤アキラさん(この人もコピーライター的センスを持…

平尾昌章 / 平尾とロック

*[日本のフォーク・ロック] 平尾昌章 / 平尾とロック(KING / 1958) 日本のロカビリーの草分け的歌手であり、作曲家としても歌謡界の超大御所となった平尾昌章(のち昌晃)。彼のデビュー・アルバムは、1958年の10インチ『平尾とロック』。コレ、長年探して…

Walter Hawkins / Selah

*[ソウル] Walter Hawkins / Selah(Fantasy / 1972) 60年代後半のロック・ミュージックが全盛を誇った時代に、ゴスペルをポップ・フィールドでヒットさせたのはエドウィン・ホーキンス・シンガーズ。誰もが知っている”Oh Happy Day”ですよね。リードを歌っ…

Hoagy Carmichael / Mr Music Master

*[ジャズ] Hoagy Carmichael / Mr Music Master(Coral / 1965) ホーギー・カーマイケルといえばスタンダードの”Georgia On My Mind”や”Stardust”、”Hong Kong Blues”の作者。シンガー・ソングライターの先駆けと言っても良い人。こういう小唄系の弾き語り…

Wynonna / Revelations

*[カントリー] Wynonna / Revelations (Curb / 1996) ここ数年は新譜を除き、1:20ぐらいでレコードになっていたけれど。何だかここのところ、レコのみならず、CDの愛おしさに改めて目覚めている。90~00年代にどれだけのCDを買ったことだろう。それが数年前…

Alan Arkin / Folk Songs (and 2 1/2 that aren’t) - Once Over Lightly

*[フォーク] Alan Arkin / Folk Songs (and 2 1/2 that aren’t) - Once Over Lightly ( Elektra-21 / 1955 ) 昨年11月28日に行われた鈴木慶一さんのミュージシャン生活50周年記念ライブat Billboard Live TOKYO。コレ、配信で観たけれど、素晴らしかった。糸…

永遠のロンバケと、ブランディンと

*[コラム] 永遠のロンバケと、ブランディンと 緊急事態宣言またですかっていう。笑うしかないくらいの状況。偉そうなことを言えるほどの者ではありませんが、どっから連れて来たんだろ、みたいな、身近な社会じゃ見かけないレベルで呂律の回っていない方とか…

佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)がブックレビューで紹介してくださいました

*[コラム] 佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)がブックレビューで紹介してくださいました。 今までまったく気づきませんでしたが、週刊ダイヤモンド 2020年12月5日号にて、あの佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)が『哲学するタネ 高校倫理が教え…

Jo Jo and The Real People / One By One

*[ロック] Jo Jo and The Real People / One By One (Polydor / 1987) トニー(アンソニー)&クリス・グリフィス兄弟を中心とするリヴァプール出身のバンド、ジョジョ・アンド・ザ・リアル・ピープルが1987年にリリースした、2枚目となる45回転の12インチシ…

I guess / I guess You know

*[日本のフォーク・ロック] I guess / I guess You know(BYTZ RECORDS / 2021) 今年1月に発売されたばかりのI guessのセカンド・アルバム『I guess You know』。60分を超える珠玉の11曲、大充実の力作をリピートしているところ。 I guess(http://bytzweb.…

懐かしのレコファン

*[コラム] 懐かしのレコファン 新しい中古レコ屋、というのはなんだかんだ今どき珍しいけれど、昨年11月に武蔵小金井にレコファンができると聞いた時は驚いた。日本最大のフロア面積を誇る旗艦店だった渋谷店の閉店直後。渋谷店は広さや賃料を思うと、コロナ…

坂本スミ子・なかにし礼・筒美京平と…

*[コラム] 坂本スミ子・なかにし礼・筒美京平と… 昨日、歌手の坂本スミ子さんが亡くなったというニュースが。女優としてはカンヌを獲った深沢七郎(この人は全てが好きですね…)の『楢山節考』、歌手としては60年代のNHKの名バラエティ”夢であいましょう”の…

フィル・スペクターのこと

*[コラム] フィル・スペクターのこと 昨日、職場のロック好きの方から「フィル・スぺクター亡くなったみたいですよ…」と聞かされて時が止まったような。現役バリバリの南正人さんがステージで亡くなったと聞いた時も、かなりショックだったのだけれど、それ…

読者たちの夜会 2020ベストビブリオバトル にて『哲学するタネ』取り上げて頂きました!

*[コラム] 読者たちの夜会 2020ベストビブリオバトル にて『哲学するタネ』取り上げて頂きました! 1月14日にLOFT9渋谷にて無観客配信の形で行われた読者たちの夜会(https://natalie.mu/owarai/news/411806)、読書好きの芸人たちが2020年もっともよかった…

Tuck & Patti / Tears Of Joy

*[ジャズ] Tuck & Patti / Tears Of Joy(Windham Hill Jazz / 1988) ジャズギターとボーカルだけの夫婦デュオ、タック&パティ。見たところ、ひと頃のバンキー&ジェイクのように見えるかもしれない。彼ら、超絶テクニックを誇るタック・アンドレス(デビ…

AC/DC  / Power Up

*[ロック] AC/DC / Power Up(Columbia / 2020) 先日CSN&Yのことを書いたら、なんと加奈崎芳太郎さんのLCV-FMのラジオDIG IT!の新年一発目の特集もCSN&Yの『Déjà vu』でありまして。なんというシンクロ!加奈崎さんもそのことを書いてくれていたけれど(htt…

グレッグ・リーヴスとCSN&Y『Déjà vu』

*[コラム] グレッグ・リーヴス(Greg Reeves)とCSN&Y『Déjà vu』 CSN&Y(クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング)の『Déjà vu』…1969年というウッドストック・エラを象徴するエポックメイキングな1枚。たぶん1000回以上は聴いたはずだけれど(笑)、こ…

山本剛トリオ with 森山浩二 / 飛騨高山ジャズセッション

*[ジャズ] 山本剛トリオ with 森山浩二 / 飛騨高山ジャズセッション(MASTER MUSIC / 2018 ) 明けましておめでとうございます。 昨年は日本のブルーノート、と謳われるレーベル、スリー・ブラインド・マイス(TBM)の手ごろな再発がまたドカドカ出まして。…

小坂忠とフォージョーハーフ / ロック・ソサエティ・ウラワ1972 RSU夏の陣

*[日本のフォーク・ロック] 小坂忠とフォージョーハーフ / ロック・ソサエティ・ウラワ1972 RSU夏の陣(ディスクユニオン / 2020) 年末感のない非日常が続いているけれど、非日常に慣れてしまうのもよろしくない。これが新しい日常ですなどと上から押し付け…

阿佐ヶ谷ネオ書房・読書会の夜

*[コラム] 阿佐ヶ谷ネオ書房・読書会の夜 先週の日曜日、阿佐ヶ谷ネオ書房でのライブ読書会。10月に2冊同時刊行した『哲学するタネ-高校倫理が教える70章【西洋思想編】』(明月堂書店)の出版イベントのような部分もあったのですが、お店とのご縁を繋いで…

ネオ書房での読書会、本日となりました!

*[コラム] ネオ書房での読書会、本日となりました! 評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房((https://suginamigaku.org/2019/11/neo-syobou.html?fbclid=IwAR3Jz74PXv9DAzynGK-VvaeGvefG9nCysb74FUC6CkEOyQH1lRFJQQIjQ3k))の…

Dan Penn / Living On Mercy

*[SSW] Dan Penn / Living On Mercy(Last Music / 2020) ダン・ペンのなんと26年ぶり新作『Living On Mercy』、こちらもLPで購入。例のデモ・シリーズを思わせるジャケは携帯の写真を引き延ばしたような代物なんだけれど(例)、全13曲の中身は最高。ウ…

山下達郎 / 僕の中の少年(2020Remaster)

*[日本のフォーク・ロック] 山下達郎 / 僕の中の少年(2020Remaster)(Moon / 1988) 変な話、毎週1~2回床で寝てしまうというこの悪癖をどうすればよいのだろうか。本を作っている時などは大体深夜2時とか3時に寝るという生活が年単位で続いたので、そんな…

久々のフラッシュ・ディスク・ランチへ

*[コラム] 久々のフラッシュ・ディスク・ランチへ 昨日は久々に下北沢へ。かつての自分がそうであったように、今も20代に愛される街なのだとわかる。とにかく人が増えたことも改めて実感。しかし、かつては戦後のヤミ市の風情があった駅前の再開発…色々な思…

ライブ読書会やります!(12月20日(日)阿佐ヶ谷ネオ書房)

*[コラム] ライブ読書会やります!(12月20日(日)阿佐ヶ谷ネオ書房) 評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房にて読書会をやることになりました!『哲学するタネ』三部作・編集の杉本さんのご縁です。切通さんの『山田洋次の<世…

辻村マリナ / 夜をくぐり抜けるために

*[日本のフォーク・ロック] 辻村マリナ / 夜をくぐり抜けるために(Panyanya-M Records / 2018) 移転前の吉祥寺のディスクユニオンの新譜コーナーで見つけた1枚。カードに書かれていた「アナログレコーディング」「60~70年代」「ブルーズ」「フォーク」と…